スポンサードリンク

dp2 QuattroにクローズアップレンズAML-2付けて試写してみた

Pocket
LINEで送る

DP2 Merrillには、クローズアップレンズAML-2のオプションがあり、より最短距離撮影が出来るようになっていました。
ところが、dp2 Quattroにはそのようなオプションが設定されていません。
ちなみに、AML-2は49mmのフィルターねじ込みとなっていますが、Quattroのフィルター径は58mmとなっており、装着することが出来ません。

DP2 Merrillと、dp2 Quattroのレンズは基本的に同一ということですので、ステップダウンリングを使って装着してみることにしました。

購入したのは、MARUMI ステップダウンリング 58mm→49mm

Amazonで購入すると、価格390円(本日時点)なのですが、ここまで安いと流石に買い合わせ対象商品となり、2500円購入で送料無料となりますので、単品でご購入される場合はお近くのカメラショップで購入される方が安いかもしれません。

でこのステップダウンリング、ブラック塗装の金属製でなかなか良い仕上げ

早速dp2 Quattroの装着

意外と渋い外見に変身して嬉しい;;;^^)

で、Merrill用で持っていたAML-2を引っ張りだして来た。

装着〜

早速試写してみました。

こちらが、通常の最短撮影。
恐竜の化石の模型は全長20cmくらい。


MFモードで最短にして、拡大表示で距離でフォーカスを合わせています。(手持ちですいません)

でこちらが、dp2 Quattoro + AML-2で撮影した結果

見事に、マクロに強い(^^; dp2 Quattroに変身ですね。
定規で最短撮影距離を計測してみると、AML-2装着時には、被写体から像面指標の位置が16cm前後、ワーキングディスタンスが11cm前後という感じ。
(DP2 Merrill+AML-2の公称スペックは19cm〜32cmで合焦するということです)

dp2 Quattoroの最短撮影距離が28cmですので、それよりはかなり寄れるという感じですね。
ということで、時間が無くなりましたので、今度天気の良い日にでもフィールドで試してみたいと思います。

ちなみに、このAML-2は、素のレンズ剥き出しになりますので、意外と持ち運びに気を使うものです。
そこで、ソフトな被せフードを2枚使って、前後に装着して持ち運ぶようにしています。

ソフトなので、着脱する時も楽で、レンズに触る事無く可能になり便利です。

で、せっかくなので、使い道の無かった(^^;ソニーNEX-5のアクセサリーキットに付属していたレンズキャップフォルダーに入れて持ち運ぶとちょうど良い感じです。

こちらが、DP2 Merrill+AML-2の装着画像。

DP2 Merrillもイイ!w

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す