スポンサードリンク

Leica TのEVF『ビゾフレックス』はEOSPN製『ULTIMICRON』

Pocket
LINEで送る

ライカのミラーレスカメラ「Leica T」の外付け電子ビューファインダー『ビゾフレックス』に、エプソン『ULTIMICRON』が採用されたというリリースを公開しています。

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下、エプソン)は、当社の電子ビューファインダー向け高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル『ULTIMICRON(アルティミクロン)』が、ライカカメラ社のレンズ交換式デジタルコンパクトカメラ『Tシステム』の電子ビューファインダー『ビゾフレックス』に搭載されたことを、お知らせいたします。

Via : エプソンの液晶パネル『ULTIMICRON』が『ライカ Tシステム』の電子ビューファインダーに搭載(2014年7月3日) | ニュースリリース | トピックス | エプソン

ULTIMICRONは対角0.48インチ XGA(1024×RGB×768、約236万ドットというスペック。
私もLeica Tの内覧会で装着した『ビゾフレックス』を確認したことがありますが、エプソンが主張するように非常に自然な見え方が印象的でした。
今後は、ミラーレスカメラやプレミアムコンパクトデジタルカメラなどでEVFが採用される率が増えて来ることが予測されますので、高品質なEVF用パネルはカメラ製造のキーデバイスになりそうですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す