スポンサードリンク

Nikon D810が発表されましたね

Pocket
LINEで送る

これまでの噂通り、ニコンからD810が発表されました。

「D810」は有効画素数3635万画素、光学ローパスフィルターレス仕様の新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと最新の画像処理エンジン「EXPEED 4」により、ISO 64~12800の幅広い常用感度域を実現し、高い鮮鋭感と豊かな階調性を誇る、ニコンデジタル一眼レフカメラ史上最高画質を実現しています。高精度なAFに加え、カメラ内部で生じる振動を大幅に低減したことで、有効画素数3635万画素の解像力を最大限に引き出した、いっそう鮮明でクリアな画像を提供します。また、FXフォーマットで最高約5コマ/秒、DXフォーマットで最高約7コマ/秒の高速連続撮影ができ、多様なシーンでの撮影を可能にしています。

Via : Nikon | ニュース | 報道資料:高い鮮鋭感と豊かな階調性を誇るニコン史上最高画質のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810」を発売

■製品情報ページ

■D810の主な特徴

  • FXフォーマット 有効画素数3635万画素イメージセンサー
  • ローパスレス
  • ニコン史上最高画質
  • 新開発のFXフォーマットCMOSセンサーでニコンで初めてベース感度ISO 64を実現
  • 位相差AFの精度を向上
  • 「ピクチャーコントロールシステム」の強化
  • FXフォーマットで約5コマ/秒、DXフォーマットで約7コマ/秒の高速連続撮影
  • コーティング等が改良された視野率約100%の光学ファインダー
  • 3.2型TFT液晶モニター、約122.9万ドット
  • 1920×1080/60p動画に対応
  • 電子先幕シャッターの切り替えが可能
  • 約20万回耐久のシャッターユニット
  • 新設計のミラー駆動機構、ミラーバランサー
  • コマ数無制限のJPEG連続撮影
  • 起動時間は約0.12秒、レリーズタイムラグは約0.052秒
  • i(アイ)ボタンの新設
  • 「2点拡大」表示機能
  • RAWサイズS
  • 防塵・防滴性能の向上
  • HDMI出力で1080/60pの非圧縮映像の記録が可能
  • サイズ 約146×123×81.5mm
  • 質量 約880g(本体のみ)、約980g(バッテリーおよびSDメモリーカード含)

■公式サンプルイメージ

ニコンのHPを読んでいると、D810が徹底的にリファインされたカメラだということが判りますね。
発売日が7月ということですが、これは楽しみですね!

■各メディアのニュース記事

ニコンは26日、有効画素数3635万画素と、一眼レフとして最高画質を実現した中上級者向けデジタル一眼レフカメラ「D810」を7月中旬に発売すると発表した。カメラ内部で生じる振動も大幅に低減したことで、より鮮明な画質を実現した。

Via : ニコンが最高画質のデジタル一眼レフ「D810」発売 – MSN産経ニュース

ニコンは、新開発のFXフォーマットCMOSセンサーを採用したデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810」を7月中旬より発売する。価格はオープンだが、ボディ単体が350,000円前後、「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 付き」付きのレンズキットが405,000円前後での実売が予想される。

Via : ニコン、動画にも注力した「ニコン史上最高画質」のデジタル一眼レフ「D810」 – Phile-web

新開発CMOSセンサーの有効3,635万画素という解像力を最大限に引き出すために、位相差AFの精度を向上させた。また、ミラーやシャッターなどの駆動系を一新することで、内部の振動を大幅に低減。新CMOSセンサーの解像力とNIKKORレンズの描写性能を最大限に引き出せるようにした。AFは51点測距で、うち中央の15点がクロスタイプ、そのうち11点が開放F値8に対応している。

Via : ニコン史上最高画質! 有効3,635万画素フルサイズCMOS搭載一眼レフ「D810」 | マイナビニュース

「D810」は有効画素数3635万画素、光学ローパスフィルターレス仕様の新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと最新の画像処理エンジン「EXPEED 4」により、ISO 64~12800の幅広い常用感度域を実現し、高い鮮鋭感と豊かな階調性を誇る、ニコンデジタル一眼レフカメラ史上最高画質を実現しています。高精度なAFに加え、カメラ内部で生じる振動を大幅に低減したことで、有効画素数3635万画素の解像力を最大限に引き出した、いっそう鮮明でクリアな画像を提供します。また、FXフォーマットで最高約5コマ/秒、DXフォーマットで最高約7コマ/秒※の高速連続撮影ができ、多様なシーンでの撮影を可能にしています。

Via : 有効画素数3635万画素 高い鮮鋭感と豊かな階調性を誇るニコン史上最高画質のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810」を発売 – SankeiBiz(サンケイビズ)

各画素が蓄積できる光の情報量を増やすことで、ISO100と同等の広いダイナミックレンジをもつベース感度ISO64を実現。明るい環境で大口径レンズを使用して撮影した場合でも白飛びを抑えながら、被写体を階調豊かに高い鮮鋭感で描写する。

Via : ニコン、ニコンFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810」、同社史上最高画質

ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D810」を7月中旬に発売する。新撮像素子の採用に加え、内部機構を一から見直したというFXフォーマットのミドルクラスモデル。 価格はオープン。店頭予想価格は、ボディのみが35万円前後、D810 24-85 VR レンズキットが40万5,000円前後の見込み

Via : ニコン、FXミドルクラス一眼レフ「D810」 – デジカメ Watch

「D810」スペシャルコンテンツは、「D810」の特長である高精細・高画質を訴求すべく、雄大な自然を持つ屋久島の神秘的な景観を撮影しました。360°パノラマ画像合成技術パノウォーク(C)*を発展させた『ギガパノウォーク』により、画面をズームイン/ズームアウトすることで、拡大時の写真の解像感の高さを体験するともに、あたかも屋久島にいるかのような臨場感を体感することができます。

Via : ニコンイメージングジャパン、「D810」の スペシャルコンテンツを本日より公開 – CNET Japan

ニコン、FXデジタル一眼レフカメラ「D810」を発売 株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットを採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「ニコン D810」を7月中旬に発売する。光学ローパスフィルターレス仕様のモデルで、撮像素子に35.9×24.0mmサイズの新開発CMOSセンサーを搭載し、有効画素数は3635万画素。ボディ単体での販売のほか、「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を同梱したレンズキットも発売される。価格はオープン。

Via : ニコン、FXデジタル一眼レフカメラ「D810」を発売 – Ameba News [アメーバニュース]

レンズソフトケース CL-N101

レンズソフトケース CL-N101
価格:1,944円(税込、送料別)

ハンドストラップ AH-N1000

ハンドストラップ AH-N1000
価格:2,431円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “Nikon D810が発表されましたね

    • 2014年6月28日 at 9:47 PM
      Permalink

      D800Eを徹底リファインという感じですね。

      Reply

コメントを残す