スポンサードリンク

TAMRON キヤノンEF-Mマウント『18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)』発表!予約開始!

Pocket
LINEで送る

タムロンがキヤノンのミラーレスEOS-M2/EOS-M対応の高倍率ズームレンズ『18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)』を発表しました
これまでModel B011はソニーEマウント向けでしたが、キヤノンにも対応したということです。

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:小野守男、本社:さいたま市)は、2011年に発売したミラーレス一眼カメラ(APS-Cサイズ相当)専用レンズ「18-200㎜ F/3.5-6.3 Di III VC」ソニー用に加え、この度、キヤノン用を発売します。軽量・コンパクトでスタイリッシュなデザイン、2種類のカラーバリエーションで登場です。

Via : TAMRON|ニュース|ミラーレス一眼カメラ(APS-Cサイズ相当)専用18-200mm高倍率ズーム、キヤノン用を新発売。 『18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)』

希望小売価格:80,000円(税抜)です発売日は6月26日、
EOS-Mシステムには、高倍率ズームレンズはラインナップされていませんので、ユーザーの方にとっては待望の1本ということになりそうですね!

カラーはシルバーとブラックの2色がラインナップされ、楽天などで既に予約が開始されていますが、価格も納得!という感じですね!

タムロン Model B011 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC スペシャルサイト

各メディアの発表

タムロンは、ミラーレスカメラ用の高倍率ズームレンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC」(Model B011)キヤノン用を6月26日に発売する。カラーはブラックとシルバー。価格は税別8万円。

Via : タムロン、EOS M用の高倍率ズームレンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC」 – デジカメ Watch

タムロンは2014年6月19日、各社のデジタル一眼用の交換レンズ3種類を発表した。特に注目なのが、キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」に対応したEF-Mマウントの高倍率ズームレンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC」。キヤノン純正品にもない高倍率タイプで、EOS Mユーザー待望の1本となりそうだ。

Via : タムロン、EOS M用の高倍率ズームレンズ「18-200mm F3.5-6.3」など 日経トレンディネット

35mm判換算(1.6倍で計算)で広角28.8mmから望遠320mm相当までをカバーする高倍率ズームレンズ。AF駆動には、「コントラスト検出AF」に適した「ステッピングモーター」を採用。動画撮影時のAF性能の向上を実現している。

Via : 価格.com – タムロン、18~200mm高倍率ズームのEOS M用レンズを6/26発売

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す