スポンサードリンク

SONY アクションカムHDR-AS100V開封

Pocket
LINEで送る

先日の記事「Panasonic HX-A500のモニター当選していたのですが、アクションカメラ比較検討した結果」の通りソニーのアクションカムHDR-AS100Vを購入しました。

今回の購入先はご近所のビックカメラさん。

実は淀さんの方が少し安かったので、交渉したらそのお値段&今回ポイント13%にして頂きました。ありがとうございます。
で、本日、楽天の方を見ると、その価格になっており、現時点で楽天でビックカメラさんが最安でした。

ということで今更感はありますがm(_._)m開封したのでアップします。

パッケージは上がスケルトンになっていて、本体が見えるようになっているという、GoPro HEROが提案した様式美(^^;を引き継いだもの。

今回、アクセサリとして購入した(ポイント還元も加えて^^)のは以下の2点
私の場合、バイクで使うのが主となりますので、まずはチェストマウントハーネスAKA-CMH1を購入しました。

チェストマウントハーネスSONY[ソニー] AKA-CMH1

チェストマウントハーネスSONY[ソニー] AKA-CMH1
価格:4,042円(税込、送料別)

また、HDR-AS100Vはウォータープルーフケース無しで単体で少し軽量で使えるのが美点ですので、ハードレンズプロテクターAKA-HLP1も購入。

ということで、早速開封〜

下の箱にはこんな感じで入っていました

本体と周辺パーツ

本体はウォータープルーフケースにはいっています。
右側のパーツは、ウォータープルーフケースを使わない時に、本体に付けて三脚マウントを追加するアダプター。
下の黄色いパーツはベースマウントからワンタッチで着脱するアダプターです。

本体をウォータープルーフケースから取り出しました。
HDR-AS100Vはこの状態でも防滴仕様となっていますので、このままバイクなどにマウントして使うことが出来ます。

次にバッテリーを入れるワケですが、こちらが防滴シールドされたバッテリー室
microSDカードスロットが右側に見えますね。

バッテリーを装着しました。
こんな小さいボディなのに、ちゃんとバッテリーストッパーが付いているのは立派;;;^^)

本体だけ使う場合はこのようにレンズがムキ出しになります。

レンズは超広角の画角170度が撮影可能ですので、レンズも大きく飛び出した形状になっています。
おそらく、このまま使うとすぐにキズだらけになることでしょう;;;^^)

一応、名門Zeissの名前が付くTessarレンズ(^^;ですので、これを大切に保護したい私としてはハードレンズプロテクターAKA-HLP1を装着します。

この純正ハードレンズプロテクターは、ガラス素材で作られており、光学的にも考えられたモノ。
なのが理由なのかどうか判らないのですがこんな小さなパーツなのに2000円以上しちゃいます。

装着しました。

ちゃんとロックレバーもあり、伊達に高いだけじゃないようです(^^;

こちらがボディ下側にあるカバーを外すと現れる、インターフェイス部。

手前から、ステレオマイクインプット、拡張端子、HDMI端子、microUSB端子です。
本体に、三脚マウントを装着すると、micorUSB端子だけ使えるという構造です。
よって、給電しながら使えるというメリットはあるのですが、出来ればマイク端子も三脚使用時に使えるようにした欲しかったと思います。

アクションカメラですから使ってナンボ、早速使ってみます。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル