スポンサードリンク

SONYはサッカーW杯ブラジル大会で4Kをアピール

Pocket
LINEで送る

ソニーは、FIFAワールドカップブラジル大会で、機材を大量投入、4Kによる撮影も行うということです。

ソニーとFIFA(国際サッカー連盟)は、W杯期間中、12スタジアムすべての放送施設に同社技術を導入。合計300台近いビデオカメラを投入する。準々決勝、準決勝、決勝は4Kで撮影する。

Via : ソニーがW杯ブラジル大会で4K技術売り込み―中国メディア |中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP – 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。

こちらはソニーの正式リリースページ

ソニーの CineAlta™ 4Kカメラ「PMW-F55」、マルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」、4K業務用モニター「PVM-X300」や4Kマルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」(予定)などが使用されます。制作された4Kコンテンツは前述のオフィシャル・フィルムに収録されます。

Via : Sony Japan | ニュースリリース | ソニーとFIFA、2014年FIFAワールドカップで4K撮影拡大、4Kの取り組み加速

ソニーのブラジル大会コミュニケーションサイト

ところで一時期は次世代テレビとして有望と思われていた、3Dですが、結局ロンドンオリンピックでは日本で3Dのコンテンツが利用されることはありませんでした。

ちまたではロンドンオリンピックの話題で持ちきりだ。金メダル確実と期待された選手が緒戦敗退したり、メダルが生まれるとは思わなかった競技でメダル獲得のニュースが入ってきたりしているのを見ると、”4年に1度しか開催されないオリンピック”という場が、いまだ特別なものであることを再認識させられる。さて、そのロンドンを3週間前に訪問していた。ウィンブルドン取材のためだったが、そこでBBCに興味深いことを伺った。

Via : 本田雅一のTV Style:ロンドン五輪、日本で3D生中継が行われない理由とは?(1) – ITmedia LifeStyle

おしまい、終わり、ノーモア3Dテレビ。 米GizmodoのKyle記者がばっさり終わりと切り捨てる3Dテレビ。何故かというと…。

Via : 3Dテレビの終わり : ギズモード・ジャパン

今度こそ4K/8Kの時代になるのでしょうか?
その鍵は2014年のワールドカップかそして、ソニーの動向が注目ということですね!

30型業務用4K液晶モニター SONY PVM-X300

30型業務用4K液晶モニター SONY PVM-X300
価格:2,300,000円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す