スポンサードリンク

Panasonic LEICA 15mm/F1.7 ファーストインプレッションとサンプルイメージ(thephoblographer)

Pocket
LINEで送る

The Phoblographerのサイトににパナソニックの新マイクロフォーサーズレンズレンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.」のインプレッション記事と幾つかの作例が掲載されています。

And despite the fact that we spent under 10 minutes with the lens, we are quite impressed.

Via : First Impressions: Panasonic 15mm f1.7 (Micro Four Thirds) – The Phoblographer

Phoblographerは、ニューヨークのグランドセントラルステーションにての10分だけ試用が許されたそうですが、その短い時間でも深く印象に残ったレンズということです。

■外観

  • レンズ正面に「LEICA」と「SUMMILUX」銘が付いていながら、小型のパンケーキレンズというのが信じられない
  • オールドライカMマウントレンズ、あるいは最近の富士フイルムのレンズのような素晴らしい質感と形状
  • 絞りリングの確実クリックは恋に落ちてしまうほど

■AF

  • 高速のAFが印象的
  • オリンパス OM-D E-M5に装着したが、オリンパスレンズと同じAF速度だった
  • オリンパスのレンズの中では唯一 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8よりほんの少しAF速度が遅いくらい
  • リズム感良く撮影出来る

■画質

  • パンチのあるカラー

■まとめ

  • 常用してカメラバッグに収めたいレンズ
  • 試用時間が短く詳細な分析は出来ないが、ファーストインプレッションとしては、本当に素晴らしいという感想

「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.」の希望小売価格は、“SUMMILUX”で破格と言って良い希望小売価格70,000円そして実売5.5万円!ということですし、ここで掲載されている作例を見ても素晴らしいボケ具合が感じられますね。
マイクロフォーサーズユーザーの方は発売される5月が本当に楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す