スポンサードリンク

キヤノンのデジタルカメラ累計生産台数が2億5,000万台を達成!更に11年連続EOSがトップシェア!

Pocket
LINEで送る

キヤノンは1995年の「EOS DCS 3」の発売依頼、デジタルカメラの生産台数が2奥5000万台を達成したということを、ニュースリリースページで発表しました。
累計生産台数は、コンパクトデジタルカメラとレンズ交換式デジタルカメラを合わせた生産台数ということです。

フィルムカメラが主流だった1995年、プロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS DCS 3」を発売し、キヤノン初のデジタルカメラとなりました

Via : デジタルカメラの累計生産台数2億5,000万台を達成

更に、キヤノンは11年連続で、レンズ交換式カメラのシェアナンバーワンを獲得したことを発表!

プロからエントリーユーザーまで幅広いニーズに応える強力なラインアップを構築し、世界シェアNo.1を堅守しています。

Via : 11年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成催

今年2月のリリースではEOSシリーズ7000万台を達成したこと公表しています。

2000年代前半にはデジタル一眼レフカメラの普及により急速に生産台数が増加し、2012年10月に累計生産台数6,000万台を達成してから約1年4カ月後に7,000万台を達成しました。

Via : レンズ交換式カメラEOSシリーズの累計生産台数7,000万台を達成

正に、世界ナンバー1のカメラメーカーとして、今後も写真文化を牽引する素晴らしい製品をリリースして欲しいですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す