スポンサードリンク

プロお薦め10万円クラスレンズ(ITmediaデジカメプラス)

Pocket
LINEで送る

ITmediaが「増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!」という特集記事を掲載しています

4月の増税前に「欲しいし買えないこともないけれど、気軽に買える値段でもない」10万円前後で、なおかつ、実用性の高いレンズをプロカメラマンがピックアップ、作例とともに紹介する。

Via : 増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その1) (1/2) – ITmedia デジカメプラス

■キヤノン

  • EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
    • 歪曲収差こそ面白い
    • 今まで見えなかったものが見える
  • EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
    • 強力な手ブレ補正機構
    • 最上級のボケ味
  • EF-S17-55mm F2.8 IS USM
    • 気持ちのよいシャープネスにまず驚く
    • APS-C機標準ズームの決定版

欲しいし買えないこともないけれど、気軽に買える値段でもない……。そんな10万円前後のレンズをプロカメラマンがピックアップ。第2弾はニコンの広角ズームと単焦点レンズ2本をご紹介します。

Via : 増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その2) – ITmedia デジカメプラス

■ニコン

  • AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    • あまり重さを気にさせないバランスのよさが素晴らしい
    • F値変化が無いので動画ユーザーにも最適
  • AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
    • F1.4と比べてもまったく遜色ないシャープで素晴らしい画
    • ナチュラルで嫌味がないボケ味
  • AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
    • きわめてシャープ、それでいて透明感が感じられる写り
    • ボケ味もナチュラルな感じで嫌味なく、とても美しい
    • 気軽な旅のおともとしてもオススメできる頼もしいレンズ

個人差はありましょうが“えいっ”と買えるギリギリ価格帯の10万円クラスレンズ。その中でも実用性も加味してプロカメラマンがお勧めをピックアップ。第3弾は個性的な単焦点中望遠や600ミリの超望遠ズームをご紹介します。

Via : 増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その3) (1/2) – ITmedia デジカメプラス

■富士フィルム

  • XF56mmF1.2 R
    • いつもと違う1枚を撮影したい場合にも有用な1本
    • ピントが合った部分はカミソリ並みの切れ味を持ったシャープネス
    • ボケとの組み合わせの妙味に感動をおぼえる

■リコーイメージング

  • smc PENTAX-FA43mmF1.9 Limited
    • 携帯性も良好
    • 使いやすい画角に明るい高画質
    • ボケのある写真もシャープな写真も自在に撮れる

■ソニー

  • Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z
    • 色合いもボケも非常に満足のいく、美しい写真
    • いいカメラにはいいレンズ。一度使うと手放せない一本

■タムロン

  • SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011)
    • の大きさで600ミリまで寄れるのは大変魅力的
    • 作品性を求める方や、テレコン無しで超望遠までの撮影をしたい方にはかなりオススメ

こうして見ると、ここで取り上げられているレンズは個性的なレンズが多いですね。

消費税が5%⇒8%の差は約3000円ですので、安いと思って逆に高いショップで買わないように注意しましょう(^^;
逆に信頼出来るショップで買うなら、その3000円の差はフィルタ分くらいにはなりそうなので、重要ですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す