スポンサードリンク

キヤノンが産業用カメラに参入APS-Cモノクロセンサー“M15P-CL”を発表

Pocket
LINEで送る

キヤノンが産業用カメラ市場に参入、1500万画素モノクロCMOSセンサーを搭載した“M15P-CL”を発表しました

M15P-CLの製品情報ページ

1500万画素モノクロセンサーというのがちょっとそそられるますね(^^;

それとモデル名に“M”が付いているのもちょっと気になるところです、、、;;^^)

追記:M15P-CLのスペックシートを見ると、センサーはキヤノン自社製の1500万画素APS-Cサイズのモノクロセンサーであることが判りました。

また、なんと、レンズマウントはFマウント相当 ということですが、、、Fマウントということは、、、、

デザインも超スクエアのこのカタチなかなか良い感じですし、コレ使って、モノクロ専用、MF専用、しかもFマウン(ryのEOS Mシリーズ出して欲しいですね;;^^)

報道ではキヤノンが産業用カメラに参入する背景としては、一眼レフ、コンパクトデジタルカメラの市場が飽和し始めているという背景があると分析されています。

キヤノンは19日、工場で使われる検査装置用のカメラを発売し、産業用カメラ市場に参入した。産業用カメラは製造現場の自動化などで需要が増加しており、市場ニーズをみながらラインアップを増やすことも検討する。主力の一眼レフデジタルカメラの販売が伸び悩む中、新規分野を開拓する。

Via : キヤノン、産業用カメラ参入 伸び悩む主力デジカメ…新規分野を開拓へ – SankeiBiz(サンケイビズ)

2013年の検査用カメラの世界市場は約180億円で、1000万画素を超える高感度分野は全体の1割程度とみられる。

Via : キヤノン、産業用カメラ参入 検査工程向け  :日本経済新聞

独自のCMOSセンサー技術を応用し、低ノイズ・多画素を実現した。キヤノンが産業用カメラを手掛けるのは今回が初めて。キヤノンは同製品で産業用カメラ市場に新規参入する。

Via : キヤノンが品質検査に向けカメラを発売、産業用カメラ市場に参入 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す