スポンサードリンク

SONYは4KハンディカムFDR-AX100 を発表!こちらも$2000以下!

Pocket
LINEで送る

CES2014のソニーの目玉は、4KハンディカムFDR-AX100でした!

従来機「FDR-AX1」との体積比で約1/4という小型ボディに、大型1.0型有効約1,420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor Rと新世代の画像処理エンジンBIONZ X、最大広角29mmのZEISSバリオ・ゾナーTレンズ(光学倍率12倍)を搭載した。

Via : 【CES】ソニー、1型CMOS搭載の4Kハンディカム「FDR-AX100」 - フルHDにも注目機多数 – Phile-web

ソニーは1月7日より米・ラスベガスで開催中の「2014 International CES」において、4Kムービーの撮影に対応したハンディカム「FDR-AX100」を発表した。現行機「FDR-AX1」に比べて約1/4となる小型サイズを実現している。現地発表では3月発売予定とされており、価格は約1,999.99ドルと見込まれる。

Via : ソニー、4K対応の小型ハンディカム「FDR-AX100」 – CES 2014で発表 | マイナビニュース

  • 1インチ 有効約1,420万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」
  • 画像処理エンジン「BIONZ X」
  • 4K(3,840×2,160)動画記録可能
  • 広角換算29mm 光学12倍ズーム「ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ」
  • 4KムービーをフルHD解像度にダウンコンバートする「4Kサンプリング フルハイビジョン再生」機能
  • 2K分の「トリミング再生」
  • Wi-FiとNFC搭載
  • 価格は約1,999.99ドル

なんと、海外のソニーストアでは既に予約を受付中!

パナソニックが発表したマイクロフォーサーズの4Kミラーレスカメラの価格も$2000以下という情報がありましたが、こちらはZeissレンズ込みで;;^^)その価格!

FDR-AX100の登場でとうとう家庭にも4Kビデオで録画が当たり前になるのかもしれませんね!

ハンズオンレポートもアップされはじめています!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す