スポンサードリンク

SONY α7Rと21mm〜135mmのサードパーティレンズのテスト(3d-kraft)

Pocket
LINEで送る

Hacky氏のウェブサイト3d-kraftでソニーα7Rに、21mmから135mmまでのオールドレンズからシネレンズなどによる素晴らしい作例が掲載されています。

Dec. 2013 – Since the new full frame mirrorless “ILCE” cameras (A7 and A7R) from Sony were presented in October, thanks to its small flange distance many users where thrilled by the option to adapt nearly every lens. In the wide angle range, there was quite a lot of frustration, but another article here shows some of the best options in the UWA range. In this article we will focus on lenses that give you great “virtual 3D” options to seperate objects by playing with depth of field (DOF) and beautiful bokeh.

Via : Bokeh Dreams from 21mm to 135mm with Sony A7 & A7R

テストされているレンズは以下の通り、多くのレンズはマウントアダプターで装着されています。

  • Sony STF 135mm f/2.8 T4.5
  • Carl Zeiss Planar T* 85mm f/1.4 MM(Y/C)
  • Nikon AF-S Nikkor 85mm f/1.8 G
  • Zeiss Otus APO Distagon T* 55mm f/1.4 (ZF.2)
  • Zeiss FE Sonnar T* 55mm f/1.8 (not shown in the collection above)
  • SLR Magic HyperPrime CINE 50mm T0.95
  • Leica Summilux M 50mm f/1.4 ASPH
  • SLR Magic HyperPrime CINE 35mm T0.95
  • Voigtlander Nokton 35mm f/1.2 ASPH
  • Voigtlander Ultron 21mm f/1.8 ASPH

どのレンズも素晴らしい作例が掲載されていますが、個人的に気になったのが、ヤシカ/コンタックスマウントのCarl Zeiss Planar T* 85mm f/1.4 MM。

Hacky氏はVimeoに動画の作例も掲載しています。
こちらは Zeiss FE 2.8/35 (正面からのロングショット部分) と Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 (ハンドヘルドでのショット) の作品

Duo Flammenspuk – Kobold Streit & Schabernack from Hacky on Vimeo.

実は、私もこのY/C Zeiss 85mm F1.4レンズを昔から所有しており、EOS 5D mark IIIやNEX-6で遊んでいます。
このレンズ、今でも十分使える実力と共に、ツァイスらしいコントラストと、美しいボケが素晴らしいレンズ、しかし、ご存知とは思いますが5D3に装着してMFのウデが無い私では開放付近で正確に合焦させるのは至難の技、一方、NEX-6では85mmという画角を味わえないということで、ちょっと勿体無いなと思っていたのです。

α7RならEVFでピントも確実に合わせられますし、、、やはりフルサイズミラーレス欲しい!と思いました。(5D3でもライブビュー使えば良いのですが;;;^^) )

キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3 返品種別A

キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3 返品種別A

ソニー NEX-6L ズームレンズキット ブラック

ソニー NEX-6L ズームレンズキット ブラック

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す