スポンサードリンク

オリンパス笹宏行社長インタビュー記事(週刊ダイヤモンド)

Pocket
LINEで送る

オリンパスは4期連続赤字予想へ下方修正したということですが、ダイアモンド誌が笹宏行社長にその打開策についてインタビューしています

映像事業の赤字脱却を今期の必達目標に掲げたオリンパスだが、4期連続赤字予想へ下方修正した。打開策を聞いた。

Via : オリンパス社長 笹 宏行 コンパクト値崩れが想定以上 ミラーレスは自社組み立てに|短答直入|ダイヤモンド・オンライン

  • コンパクトデジタルカメラの値崩が想定以上
  • 上期の映像事業の赤字は27億円のうち16億円が値崩れが要因
  • 在庫削減は75%減で進めている
  • フラッグシップ機OM-D E-M1の在庫は必要
  • レンズの評判がものすごくよいため増産
  • カメラ1台当たりのレンズ販売本数を上げる施策が実現しつつある
  • PENの市場は半期20万台で安定推移
  • E-M1は10万台はいく

記事の後半は、ログインが必要となりますが、注目すべきは、受託生産していたものを、自社製に切り替えるということをお話されています。

E-M1が好調ので改善見通しについては強気のご発言、更に、ソニーとの協業拡大の成果が見えてくる、来季こそは黒字化も見えて来ているのかもしれませんね。


Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す