スポンサードリンク

2014年SONYはやっぱり透過ミラーのαマウントフルサイズ機とAPS-C機を出す?(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る

sonyalpharumorsは既に2014年の情報収集作業にとりかかっているようです

今年待望のEマウントのミラーレスフルサイズカメラが、α7/α7Rが披露目されましたが、
来年は“透過ミラー”のαマウント機のデビューが控えているという情報

According to two anonymous sources Sony has two working A-mount prototypes cameras:

Via : (SR4) FF and APS-C A-mount SLT coming. | sonyalpharumors

匿名の情報源より

  • ソニーはαマウントカメラのプロトタイプを2機種でテストしている
    1. フルサイズ透過ミラー機:α7Rとは少し異なる(オフセットマイクロレンズでは無い)新3600万画素センサー搭載
    2. APS-C透過ミラー機:新2400万画素センサー(α77に搭載されているセンサーの進化型)
  • 信頼出来る情報源からソニーはAPS-Cのαマウント機の需要について懸念しているという話が伝わっている

以前、ソニーは透過ミラー機を終了するという情報が流れていましたが、それは完全ミラーレの“α”機(つまりEマウントのα7・α7R)の情報が、透過ミラーに置き換わると錯綜したのかもしれません。

次期αマウント機は今回の噂通り透過ミラー機になるのでしょうか?
それとも、ソニーが心配する通りユーザーは新型透過ミラー機を望んでいるのでしょうか?

透過ミラー機を出すからには、α7に対して何か(AF?)大きなアドバンテージが必要だと思いますが、ソニーのことですから、α99やα77の単なる3600万画素判では無く、何かやってくれそうな予感もします。


Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す