スポンサードリンク

パナソニック低価格カメラから撤退の報道(朝日新聞デジタル)

Pocket
LINEで送る

朝日新聞デジタルの記事より、パナソニックは低価格カメラを整理し、ミラーレスなどに注力するという記事

自前主義を捨てて、生産を大幅に縮小。今年度の販売目標も前年度実績から2割近く落として事業を再編し、早期の収益改善を図る。

Via : 朝日新聞デジタル:パナ、低価格デジカメ撤退検討 商品数減らし改善図る – 経済・マネー

日本経済新聞も低価格カメラの生産委託検討という記事

自社生産については今後、ミラーレス一眼とコンパクトデジカメの上位機種(3万~4万円)に注力する。

Via : パナソニック、デジカメの一部生産委託を検討  :日本経済新聞

市場からは好反応ということ

国内向けの低価格帯デジタルカメラ事業のスリム化観測が大手全国紙のデジタル版で伝えられ、材料視された。

Via : 朝日新聞デジタル:パナソニックは高値更新の期待、デジカメ事業の簡素化報道を好感 – 東洋経済兜町特捜班 – 経済・マネー

一方で、シーテックで4Kテレビなど注力の展示に

テレビ事業で不振が続くソニーとパナソニックは、家電エレクトロニクスショーの「シーテック」で、ハイビジョンの4倍の高画質の「4Kテレビ」を大きく展開し、巻き返しを図ります。

Via : ソニー、パナソニック 見本市は4Kテレビで勝負

その一方で、パナ社長がデジタルカメラもソニーのように頑張るという話題

居合わせたソニーの平井一夫社長にカメラ事業について「ずいぶん進んでおられる。うちも頑張らなあかん」と語りかけた。

Via : パナソニック社長「うちも頑張らな」 ソニー社長に話しかける  :日本経済新聞

スマートフォンカメラの侵食や国内カメラ市場の飽和など、オリンパスや富士フイルムも同様の動きをしていますので、パナソニックも続いてコンパクトデジタルを整理する方向のようですね。

その一方で、パナソニックは個人向けスマートフォンからも撤退、、、、というのも気になりますが、、、、

7月にNTTドコモ向けのスマートフォン開発から撤退する可能性について触れていたパナソニックが、本日9月26日、国内の個人消費者向けのスマートフォン事業から撤退することを明らかにしました。

Via : パナソニックがスマートフォン事業から撤退 – GIGAZINE

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “パナソニック低価格カメラから撤退の報道(朝日新聞デジタル)

  • 2013年10月3日 at 9:06 AM
    Permalink

    株価対策ですね。赤字の会社は株価が上がらないので。国策でインフレ誘導という時に、株価が上がらなかったら洒落になりませんから。

    Reply
    • 2013年10月4日 at 1:54 AM
      Permalink

      次は、更に良い商品を世に出すことで株を上げて頂けたらと思います。

      Reply

コメントを残す