スポンサードリンク

Nikon「レンズの味」も再現出来る画像シミュレータ「OPTIA」の運用を開始

Pocket
LINEで送る

ニコンが、レンズ収差を再現出来る画期的な計測装置「OPTIA」の運用を開始。Nikon 1の新レンズの開発に使われているということです。

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、カメラ用交換レンズの全ての収差を測定できる計測装置「OPTIA」、および専用の画像シミュレータを開発し、運用を開始しました。

Via : Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ用、およびレンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」用レンズの開発に、新技術を導入

「解像力」以外に「ボケ味(あじ)」「質感」「奥行き感」なども解析出来、レンズの味をも追求した開発が出来るということです。

早速Nikon 1のレンズに用いられているということですので、もう少ししたら、素晴らしい性能かつ個性ある描写のレンズが続々とリリースされそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “Nikon「レンズの味」も再現出来る画像シミュレータ「OPTIA」の運用を開始

  • 2013年9月19日 at 8:27 AM
    Permalink

    レンズの味を作るのが当たり前になるとハードルが上がりますよね。まさか

    Reply
    • 2013年9月20日 at 12:20 AM
      Permalink

      他社よりセンサーが小さいNikon 1でも味が出せるようになれば、更なる競争力強化に繋がりそうですね。

      Reply

コメントを残す