スポンサードリンク

キヤノン PowerShot S120 ブロガーイベント報告 その2:S110からの進化「7つの New Fact」

Pocket
LINEで送る

キヤノンマーケティングジャパン様のプレミアムコンパクトデジタルカメラ Canon PowerShot S120のイベント報告その2。S120の新機能と進化ポイントについてです。

先代モデルPowershot S110から大きく進化を遂げたポイント7つについてプレゼンテーションして頂きました。

■Powershot S120 7つのNew Fact

先代モデル Canon Powershot S110との主な違いは7つ、「New Fact」として説明

 

■01 : 世界最薄ボディ☓F1.8レンズ

Sシリーズは小型であることが必要である

F1.8レンズを世界で一番小さく作ることにチャレンジ

S110ではF2.0のレンズだったが、レンズ開発技術と製造技術のブレークスルーによってF1.8レンズを達成。

  • 特殊硝材の採用により、小型化と色収差の最小化
  • レンズ形状の最適化
  • 鏡筒構造の工夫
  • 電子補正技術
  • レンズ製造技術の向上により高制度化

 

■02 : DIGIC 6

PowerShot SX280 HSで初搭載したDIGIC 6を採用

  • 新画像処理により画質の向上と、処理速度を大幅に向上
  • 静止画連写速度の大幅アップ
  • 動画は60fps、MP4

 

■03 : 脅威の高速AF

  • Powershot S110の2倍のAF速度を達成
  • キヤノンのコンパクトデジタルカメラの中で最速のAF
  • 動画でも最速化

 

■04 : 12.1コマ/秒の連続撮影

  • S110では、絞り、シャッター速度の制限があった。
  • S120ではそれらの制限無く、メモリカードに容量いっぱいまで、フル画素での高速連写が可能になった

  • AF連写も5.5コマ/秒を実現
  • S社のカメラより大幅に高速のAF連写が出来る

 

■05 : 星空モード

3つのモードを搭載

  • 星空夜景
    • レリーズボタンを押すだけ。
    • エリア分割して露出を計算し、星空が際立つベストな画像に仕上げる。
  • 星空軌跡
    • 三脚にセットすることで、一定時間の星空の軌跡を記録出来る
    • 10分〜90分で設定出来る
    • 設定した間隔で撮影した画像を合成
  • 星空インターバル動画
    • 星空をインターバル撮影した連続画像を、動画として記録する

 

■06 : 背景ぼかしモード

  • 背景のボケを生かした写真に仕上げる
  • 1回のレリーズで2枚の写真を撮影。1枚目で輪郭を分析し、ボカした2枚目の写真を背景として合成する
  • 人物、花、ペットなどを撮ると効果的

 

■07 : HDRモード

  • これまでのHDR処理が更に進化
  • 5種類の仕上げ効果 が得られる
  • 手持ち撮影が可能になる

 

■まとめ

 1/1.7インチ以上のセンサーを搭載した各社プレミアムコンパクトデジタルカメラの中で最も売れたのがPowerShot S110

そのS110から飛躍的進化を遂げたのがS120であるので期待して欲しい。

 

■S120の発売日と価格

 

  • 発売は9月中旬
  • 価格はキヤノンオンラインショップで¥49,980円を予定している

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す