スポンサードリンク

キヤノンPowershot S120、G16などコンパクトデジタルカメラ8機種一気に発表!

Pocket
LINEで送る

キヤノンが8月29日発売のコンパクトデジタルカメラを発表しました

キヤノンは、高速AFや、新映像エンジンDIGIC 6を搭載することでさらなる高画質を実現した“PowerShot G16”をはじめ、F1.8のレンズを搭載した世界最薄※2モデル“PowerShot S120”など、コンパクトデジタルカメラの新製品8機種を、8月29日より順次発売します。

Via : キヤノン:ニュースリリース

■PowerShot G16
DIGIC6になり、新たにWi-Fiを搭載、

■PowerShot S120
F1.8からはじまる新ズームレンズ、DIGIC 6になりました
勿論Wi-Fiも引き続き搭載
F1.8ズームレンズ世界最薄のカメラということです

■PowerShot S200

プレミアムコンパクトPowershot S110をカジュアルにしたモデルです。
F2.0ズームレンズ、レンズ周りのリングダイアル、Wi-Fiも搭載という欲張り仕様。但しRAW記録は出来ないということです。

■PowerShot SX510 HS
高倍率「光学30倍ズーム」レンズ、Wi-Fi搭載

■PowerShot SX170 IS
高倍率「光学16倍ズーム」レンズ、乾電池

■IXY 620F
高倍率「光学10倍ズーム」レンズ搭載コンパクト

■IXY 100F
「光学8倍ズーム」レンズ、Wi-Fi搭載

■PowerShot A3500 IS
「光学5倍ズーム」レンズ、Wi-Fi搭載、かんたん操作モデル

各社が、スマホに押されてモデルを整理する中、キヤノンのコンパクトデジタルカメラはまだまだ勢いあるという感じですね!

カメラ好きの方にはG16やS120が気になる存在と思いますが、明日東京で開催されるキヤノン:EOS 70D JAPAN PREMIER 「イチガン新世界。」体験イベントで、これらのコンパクトデジタルカメラも展示されるということですので、これは二重三重の楽しみですね!

■各種メディアの関連記事

35mm判換算24-120mm相当F1.8-5.7の5倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。前モデルの「PowerShot S110」(2012年10月発売)の24-120mm相当F2-5.9より開放F値が明るくなっている。それに伴いボディの厚みが2.1mm増えたが、広角端F1.8以下のレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラの中では最薄としている。

Via : キヤノン、広角端F1.8になった「PowerShot S120」 – デジカメ Watch

35mm判換算28-140mm相当F1.8-2.8の5倍ズームレンズを搭載するモデル。同様のレンズペックを持つ「PowerShot G15」(2012年10月発売)の後継となる。実像式ズームファインダーを引き続き搭載する。レンズアダプター、テレコンバーターなども使用可能。

Via : キヤノン、Wi-Fiを搭載した大口径ズーム機「PowerShot G16」 – デジカメ Watch

PowerShot SシリーズはPower Shot S95までCCDセンサーを採用していたが、広角端24mm相当のレンズを組み合わせたモデルはこれまでなかった。同社はS200をPwerShot S120(同時発表)の妹分と位置づけている。

Via : キヤノン、1/1.7型CCD搭載の「PowerShot S200」 – デジカメ Watch

レンズは35mm判換算24-240mm相当F3-6.9の10倍ズーム。望遠端でシャッタースピード3段分という手ブレ補正を利用できる。最短撮影距離は広角側で1cm、望遠側で1m。

Via : キヤノン、Wi-Fi機能が向上した10倍ズーム機「IXY 620F」 – デジカメ Watch

同社のグリップ部分を持つレンズ一体型高倍率モデルでは、「PowerShot SX50 HS」(2012年9月発売、24-1,200mm相当50倍ズーム。EVF内蔵)と「PowerShot SX170 IS」(2013年8月発売、28-448mm相当16倍ズーム。CCDセンサー)の中間に位置する。新たにWi-Fi機能を搭載した。

Via : キヤノン、Wi-Fi搭載の30倍ズーム機「PowerShot SX510 HS」 – デジカメ Watch

35mm判換算28-448mm相当F3.5-5.9の16倍ズームレンズを搭載する高倍率ズームモデル。同社高倍率モデルのSXシリーズでローエンドを担う。バッテリーを前モデル「PowerShot SX160 IS」(2012年9月発売)の単3形電池×2本からリチウムイオン充電池としたことによりボディを小型化。撮影可能枚数を2倍強の約300枚に増やした。

Via : キヤノン、小型化した16倍ズーム機「PowerShot SX170 IS」 – デジカメ Watch

28-140mm相当の5倍ズームレンズを搭載するモデル。1万円台のエントリーモデルながらWi-Fi機能を搭載し、スマートフォンと連携できる。

Via : キヤノン、Wi-Fi搭載の低価格コンパクト「PowerShot A3500 IS」 – デジカメ Watch

キヤノンは8月22日、高級コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G16」を9月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は5万9980円。

Via : “G”の正統進化、Wi-Fiや新撮影機能搭載の「PowerShot G16」 – ITmedia デジカメプラス

キヤノンは8月22日、高級コンパクトデジタルカメラ「PowerShot S120」を9月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は4万9980円。

Via : F1.8レンズ搭載の「世界最薄」コンパクトデジカメ 「PowerShot S120」 – ITmedia デジカメプラス

キヤノンは8月22日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot S200」を9月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は3万4980円。

Via : 「PowerShot S」にカジュアルな新顔 薄さ26.3ミリの「PowerShot S200」 – ITmedia デジカメプラス

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す