スポンサードリンク

EOS 70Dのスマホリモート撮影を試してみた

Pocket
LINEで送る

キヤノンマーケティングジャパン様からお借りしているEOS 70Dですが、ご返却する時が近くなってきたのですが、最後に、リモート撮影試して見ることにしました。

先日Wi-Fiスマホ連携の設定を済ませていましたので、すぐにライブビュー画面で接続しました。

画面はこんな感じ。。。

左側には、撮影モード、ホワイトバランス、露出モード、AFモード、画質設定などが表示。
右側にはレリーズボタン、その下には、AF動作ボタンが並んでます。
電池残量表示、撮影可能枚数、露出補正、ISOとほぼ全ての情報が表示されています。

そして、ライブビューには31エリアのAFポイントがオーバーレイ表示されていますね。

 

スマホ側で、AFポイントを選択してみました。

奥の5DをAFのターゲットに

レンズ先端をターゲットに

若干のタイムラグが発生しますが、思ったより快適なライブビューとAFレスポンス。
ここで気がついたのですが(遅い?w)、スマホでのライブビューに連動する素早いAFが可能なのは、デュアルピクセルCMOS AFのおかげでもあるんですね。

これは使えそうですね!

 

更にこのように、情報を少なくしてライブビューに集中出来る表示も出来ます。

露出補正も、リモートで可能。これは面白いですね。

勿論、ISOもスマホのタッチで変更出来ました。

こんなふうに、スライダーで変更出来るのがかっこいい。

 

右上のカメラマークのボタンを押すと、カメラ側ライブビューを休止させることが出来ます。カメラ側バッテリーの節約になりますね。

勿論撮影した写真のサムネイルが表示されますので、これをタッチするとすぐに確認出来ます。

 

スマホを縦位置にすると、こんな感じに。

こちらの方が、スマホ的にはリモートレリーズし易いかな?

もう少し、レリーズ部に余裕がある表示も出来ました。

レリーズボタンの下にある、AF動作ボタンを押すと、オートAFエリア選択になります。ちゃんと緑枠が表示されるのが本格的です(^^;

という感じで、スマホのライブビュー撮影なかなかおもしろいですね!

 

EOS 70Dを三脚に乗せてリモート撮影出来るようになりますので、このWi-Fiリモートは条件良ければ30mも届くそうです。
旅行などでも自分撮りも最強かと思われます!

また冬の風景撮影などで温かい自動車の中からのんびりシャッターチャンスを見極めながらレリーズ(^^;なんて良いかもしれません。
縦位置バッテリーも必要かな?

リモート撮影を活用した面白そうなアイデアありそうなので、皆さんも考えてみてくださいね!

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “EOS 70Dのスマホリモート撮影を試してみた

  • 2013年8月20日 at 1:26 AM
    Permalink

    これは良いですね。
    特にフォーカスエリアが広いのが抜群だと思います。
    AF速度も高そうなので実用性が備わってる感じですね。
    コンデジの方のアプリは以前調べたのですが機能的にソニーに及ばないなと思っていたので驚きました。未来がそこまで来てますね(笑)

    これならイベントで人が立てない位置でもカメラを設置してシャッターチャンスを狙えると思います。是非ともスマホでリモート操作出来る電動ズームレンズもラインナップして欲しいと思います。

    条件にもよるとは思いますが30mも魅力的です。
    ただ海外だと30mは危険かもしれませんね(^_^;A 気がつくと急に移動してる画面になってたりしてるかも。でもWi-FIとGPSで紛失したカメラを追跡することが出来れば…って妄想ばかりでスイマセン。

    Reply
    • 2013年8月21日 at 12:51 AM
      Permalink

      ありがとうございます。
      ここまで出来たらキヤノン様もレンズカ(ry
      と思ってしまいました;;;^^)

      Reply

コメントを残す