スポンサードリンク

米国と欧州ではミラーレスカメラ人気盛り上がらず(43rumors)

Pocket
LINEで送る

ミラーレスカメラは米国やヨーロッパでアジアほどの大きな成功はしていないようです。

43rumorsがニューヨーク・タイムズUSAトゥデイの2紙の状況分析をレポート。

That mirrorless wasn’t a huge success in US and Europe as in Asia is known. And two articles at The New York Times (Click here) and USA Today (Click here) analyzed the situation. I cite three parts of their articles:

Via : Mirrorless Cameras Lose Their Shine? NYC and USA Today report with Panasonic-Olympus anlysis. | 43 Rumors

  1. ニコンのマネージャー岡本氏
    • 軽量で女性に人気のアジアと異なり、欧州及び米国のミラーレスの比率は一眼レフに対しまったく成長していない。
    • 他の地域ももっと高い予測をしていたが、ユーザーは、たとえ重くとも一眼レフを好む傾向がある
  2. オリンパス
    • ミラーレスカメラの代表であるPENの第一四半期に予測に対し12%下回っていると語った
  3. パナソニックのマネージャーDarrin Pepple氏
    • 米国では未だに一眼レフカメラの認知度は高い。
    • レンズ、サイズ、形状などの革新を継続しており、魔法の弾丸を見つけようとしている。
    • 一眼スタイルの構成は米国ではより受け入れられる一方で、シンプルなミラーレスモデルは大衆の注意を引かないということを認識している。

オリンパスがOM-Dシリーズに入門機上級機の投入の動き、ソニーは一眼スタイルのミラーレスカメラを準備中という動きがありますが、これも同様の戦略ということになりそうですね。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す