スポンサードリンク

これこそイチガン新世界!「Canon EOS 70Dタッチ&トライイベント」:レポその4

Pocket
LINEで送る

キヤノンマーケティングジャパン株式会社様主催のイベント「Canon EOS 70Dタッチ&トライイベント」レポートその4

EOS 70Dの市場、ターゲットユーザーなど説明して頂きました

■EOS ラインナップ

70Dはミドルクラスとしてキヤノンの一眼の中でもハブとなるカメラ

守備範囲の広いカメラ

どんな方でも使えるカメラ

 

■EOS 70D重点ターゲット

3つのユーザー像

特にカメラを趣味としてステップアップを考えられている方に使って頂きたい

 

■メッセージ

EデュアルピクセルCMOS AFという飛び道具だけのカメラでは無く、中級機としても充実した性能を実現した本格的な一眼レフカメラである。

プロでも使えるカメラ。

 

■イチガン新世界

 

 

某社は「イチガン」=ミラーレスカメラとして使っているが、キヤノンの場合「イチガン」=一眼レフカメラ を表す言葉として使って頂きたい。

 

■感想

ということで、EOS 70Dは世界一のイチガンメーカーであるキヤノンの中核となるカメラであるということが判りました。

エントリーから上級者、あるいは、プロの方までも、全ての一眼レフユーザーをカバーするカメラだからこそ、基本に忠実でニュートラルでバランスの良い性能のカメラである必要があると思います。

キヤノン様だからこそ、そんなカメラが作れるのだということを感じました。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “これこそイチガン新世界!「Canon EOS 70Dタッチ&トライイベント」:レポその4

  • 2013年8月3日 at 11:32 PM
    Permalink

    お疲れさまです。
    分かりやすいレポート有り難うございます。
    バリアングルでは最上級機になると思うので次はコレにいきたい所ですね。
    半額で買える60Dや小型のX7も魅力的ですけど(笑)
    新しいAFはかなり期待出来そうなので触るのが楽しみです。

    Reply
    • 2013年8月12日 at 1:29 PM
      Permalink

      ありがとうございます!
      70Dにすれば、ビデオカメラいらずというのもポイントかもしれません。
      運動会最強かも;;;^^)

      Reply

コメントを残す