スポンサードリンク

ソニーα58国内発表をアナウンス

Pocket
LINEで送る

海外で発売中の透過ミラー一眼 SONY α58が国内での発売がアナウンスされました。

発売は8月9日、価格はオープンプライスということですが、レンズキットの予測価格は8万5000円、、、、

ソニーから、半透過型ミラー採用の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を採用するデジタル一眼カメラのエントリーモデル「α58」が発表された。  ボディーのみの販売は予定しておらず、18-135mmレンズが付属するキットの予想実売価格は8万5000円前後。8月9日発売予定だ。

Via : ASCII.jp:エントリーだけど2000万画素超! ソニー「α58」登場

特徴としては、2010万画素の“Exmor” APS HD CMOSセンサー搭載、被写体の大きさを認識することで合焦精度が向上した新開発「ロックオンAF」、144万ドットEVFという仕様です。
型番的にはα57の後継機になるのでしょうかね。。。

製品ページはこちら

α57より画素数が増えていますが(1610万画素⇒2010万画素)、その代わり連写が12コマから8コマに減少しているようです。
データ量的にも使いやすい1610万画素センサーは高感度にも定評がありますし、価格がこなれているα57も狙い目かもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す