スポンサードリンク

追記:キヤノンが7500万画素超のプロ機を今年中にアナウンス??(photographybay)

Pocket
LINEで送る

photographybayの信頼出来るソースからの情報だそうです。

I received word yesterday from a reliable source that a pre-production high resolution Canon DSLR is currently undergoing field testing. The camera is a pro-sized body like the 1D X.

Via : Canon’s Testing a 75MP+ Pro DSLR

  • キヤノンは高画素の一眼レフのフィールドテストを続けている。
  • 1DXのようなプロサイズのボディ
  • イメージセンサーは何と7500万画素以上!の解像度
  • 背面液晶も驚くべき解像度
  • 連写性能は1DXを上回る可能性があるが、フル解像度でかは判らない。
  • 解像度の増加と連写性能の向上の為に新しいイメージプロセッサーが採用される。
  • このカメラは2013年内に開発表明され、2014年に発売されると思われる

7500万画素!というと、ニコンD800の3620万画素からいきなり2倍以上の画素数にジャンプアップということでにわかには信じがたいのですが、その一方でキヤノンは2010年時点でAPS-Hサイズで1億2千万画素センサーをアナウンスしています

今回開発した約1億2,000万画素のCMOSセンサーを使えば、画面の一部だけを切り出すトリミングや、電子的に画像の一部を拡大する電子ズームなどを行っても、これまで以上に高精細で鮮明な画像を得ることができるようになります。 また、広い範囲を静止画で確認した上で、任意の領域を指定して、フルHD動画として見ることも可能です。

Via : キヤノン : ニュースリリース

センサー単独での技術としてはフルサイズで7500万画素以上というのは、ある意味“余裕”のようです。

プロセッサーの処理能力の問題、メディアへの転送速度、レンズ単体での解像力の問題、などクリア出来れば、来年あたり再びプロ用デジタル一眼レフカメラの高画素化が始まるかもしれませんね。

 

(追記)Twitterでいつもお世話になっておりますF様からtwitter経由で教えて頂きました。。。。

  • フルサイズで7500万画素はAPS-Cで3333万画素、m4/3で1875万画素、1インチで1029万画素
  • フルサイズで7500万画素の画素ピッチは1インチサイズで計算したら1029万画素。2000万画素超の1インチセンサーを搭載してるRX100M2 よりも有利

ということで、やはりセンサー単体で見れば7500万画素の実現はそう遠くなさそうです。

製品として見れば、センサー製造歩留まり、画像処理、データ転送処理、ストレージ、PC転送、PC処理能力とソフトウェア、そしてレンズ性能、などなど気になるところですが、これはキヤノン及びカメラ関連の技術者の方のを信じるとして、センサー解像度のブレークスルーとして期待して良いかもしれませんね!

ありとうございます。 F様のHPはこちら

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

4 thoughts on “追記:キヤノンが7500万画素超のプロ機を今年中にアナウンス??(photographybay)

  • 2013年7月22日 at 10:24 AM
    Permalink

    うーん。レンズの性能は画素数に追いつくのでしょうか?

    Reply
    • 2013年7月22日 at 8:39 PM
      Permalink

      何かがブレークスルーすると、波及する次が、という流れも面白いのでは無いでしょうか

      Reply
  • 2013年7月24日 at 1:06 AM
    Permalink

    ローパス有りだと思うので他社のローパスレスやFoveonに対抗するならこの位で(笑)

    しかし高画素化の流れは変わりませんね。
    やはり高画素化でノイズごと縮小が狙いなのでしょうか?

    どうせなら7500万画素センサーだけでなく同じボディでセンサーを何種類も揃えてEOS PRO軍団を形成して欲しいです!

    Reply
    • 2013年7月24日 at 11:51 AM
      Permalink

      キヤノンが偉いのはやみくもにローパスレスにしないとこですね。
      レンズの解像度よりセンサーの解像度が上回るとローパスの必要性が薄れて来るようですのでそこで初めてローパスレスにするのが正しいかもしれませんね。
      また、ご指摘のように、ここ最近DxOのテストなど見てもピクセルピッチが狭くしてもノイズは変わらないようなので、高画素化により相対的にノイズは縮小されるのでしょうね。

      ただ、FOVEONタイプという噂も出て来ました!w
      本当に楽しみですね!

      Reply

コメントを残す