スポンサードリンク

ライカ X VARIO作例とレビュー記事(Photo Yodobashi)

Pocket
LINEで送る

ヨドバシカメラの写真ギャラリーサイトに、Leica X VARIOの素晴らしい作例とレビュー記事が掲載されています。

スペックだけを見れば比較的地味な印象を拭えなかった本機。実際に使ってみると、まずその写りに心を奪われてしまいました。ライカらしい画作りと、うまく撮影できたときの溜息の出るような描写。ライカX1/X2をお使いの方なら想像がつくかもしれませんが、ハマったときの画には本当に目を見張るものがあります。1台1台がキッチリとチューニングされているレンズ固定式であればこそ、この品質を担保できるのでしょう。少し暗いかな?と感じたレンズも、ボディサイズとのバランスや実際の写りを見れば、至極納得いくものでした。むやみにボケ量の多い写真ではなく、絞って被写界深度を稼いで撮る画の質の高さに、改めて「写真とはどうあるべきか」を考えさせられるところがあります。

Via : [PY] フォトヨドバシ LEICA X VARIO 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

■外観・デザイン

  • 軍艦部のラインはM型ライカに近いライン
  • スッキリとしたデザインはライカらしい
  • レンズも絶妙なサイズに収まっている

■使い勝手

  • M型と比較しても軽量で取り回しがしやすい
  • 両手で構えるとレンズ含めてしっくり
  • 使い込んでいくと自然にマニュアル撮影に移行できている
  • 道具としての考え方は、やはりライカらしい

■画質

  • ライカらしい画作り
  • JPEGのスタンダードな画は実に渋い色合い
  • 描写は緻密
  • 等倍で見てキレキレの描写というわけではない
  • 一枚の画として眺めてみると見事なリアリティ
  • アンダー目で上手く画がまとまる、ゾクっとするほどの描写
  • コントラストと階調のバランスが絶妙
  • モノクロフィルムモードも、コントラストの強い場面にも豊かなトーンが残る
  • ハマったときの画には本当に目を見張る

■レンズ

  • 隅々まで破綻なくよく設計されたレンズ
  • 歪曲はよく抑えられていて、気持ちのよい直線
  • 写真に自然なボケと立体感
  • テレ端も隅々まで安心して使える写り
  • クローズアップ撮影が楽しめることに感激、前後のボケ味もスムースで自然
  • ピントを合わせたときに得られる解像感・立体感は見事

■まとめ

  • 写りに心を奪われてしまった
  • 街角の一風景を、いい雰囲気で切り取ってくれるカメラ
  • 改めて「写真とはどうあるべきか」を考えさせられる
  • 利便性を高めながらも道具としての本質を忘れないのは、ライカらしいモノ作りの姿勢
  • 使いこなす面白さを含めて(覚悟して!?)手にしていただきたい

ズームレンズになってもやはり描写はライカということで、その価格だけのことはあるようですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す