スポンサードリンク

ペンタックスQ7レビュー記事(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatchにPentax Q7のインプレッション、Q10との高感度比較画像、作例が多数掲載されている記事がアップされています。

 

Q7のトピックは、前述のとおり1/1.7型となったイメージセンサーだ。有効画素数は1,240万画素。裏面照射型CMOSセンサーとする。PENTAX Q登場時やQ10の登場時など、このセンサーサイズに対する要望は少なくなかったように記憶する。

Via : PENTAX Q7

■画質

  • Q10と比較するとISO200を境にQ7のほうが次第に有利となる
  • 階調再現性、細部の描写もあきらかにQ7が凌ぐ

■機能・使い勝手

  • Q10よりサクサク感はさらに向上
  • AF速度の向上、低輝度への対応も実感
  • 古い8mmカメラ用のDマウントレンズではケラれる可能性がより高くなっている
  • 新たに追加された水準器はレスポンスがあまりも良すぎることが残念
  • 三脚ネジ穴はきちんと光軸上に備わる

■まとめ

  • Q7はユーザーの意見にメーカーが真摯に耳を傾け実現したもの
  • 正に“スモールを究めた”ものといえる
  • 描写に口うるさいカメラ愛好家もこれで納得してくれるはず

リコーGR とQ7があれば、旅行などでも楽しい組み合わせになりそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す