スポンサードリンク

(追記)「Carl Zeiss」から「Carl」が無くなる???(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る

カールツァイスのミラーレスカメラ新レンズTouitの生産モデルに「Carl」銘が消えているという話題が流れています。

Ok this isn’t really a big news for us but for the first time since their foundation in 1846! Zeiss decided to drop their “Carl” name on lenses.

Via : Zeiss drops the “Carl”. | sonyalpharumors

確か、日本のレビューサイトに掲載されているTouitはちゃんと「Carl Zeiss」と記されていますので、これはいったいどういうことなのでしょうか?

とすれば仕向地向けの違いなのでしょうか?
それともやはり最新ロットでは「Zeiss」のみになり文字入れコストが削減(^^;されているのでしょうか?

Touitの「CarlZeiss」レンズは、初期ロットとしてレア化するかも?、、、、(CONTAX/YASHICA Planar 50mmF1.4等でも初期ロットは人気のようですし。。。。)
いやいや、逆に「Zeiss」として“間違えて”記載されてしまったまま市場に流通してしまったレンズが存在し、超レアなレンズになっちゃうのかもしれませんね;;;^^)

[追記]コメント欄でやはりZeissのみの表記になっているという情報も頂きました。

b’s mono-log様の記事より

よく見たら、前玉の縁の刻印が 12mm は「ZEISS」なのに、32mm のほうは「Carl Zeiss」…何か意味があって分けてあるんでしょうか?どうせなら統一しておいてほしいところですが、

Via : b’s mono-log: Carl Zeiss Touit 32mm F1.8

Touit 32mm F1.8 のレビューを始めて気がついたのが、Touit ではレンズ銘板のブランド名の刻印が「Carl Zeiss」と「ZEISS」で混在している、ということ。

Via : b’s mono-log: Touit 銘板の刻印の違い

ということで日本でも混在状態に有るらしいのですが、皆さんの、TouitはCarlZeiss?それともZeiss?ですか?(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

4 thoughts on “(追記)「Carl Zeiss」から「Carl」が無くなる???(sonyalpharumors)

コメントを残す