スポンサードリンク

ペンタックスが海外で一眼レフカメラK-50及びK-500を発表(DPreview)

Pocket
LINEで送る

PENTAXが海外でエント向け一眼レフ2機種、K-50とK-500を発表しました。

Denver, CO (June 12, 2013) — PENTAX RICOH IMAGING AMERICAS CORPORATION today introduced the PENTAX K-50 DSLR featuring advanced functionality beyond its mid-level classification. Ideal for photographers looking to transcend traditional DSLR offerings, the PENTAX K-50 combines a uniquely advanced feature set with a consumer-friendly price tag and 120 color combinations to meet an important additional demand of the creative consumer: personal style.

Via : Pentax announces K-50 and K-500 mid- and entry-level DSLRs: Digital Photography Review

K500とK50は基本性能はほぼ同じスペック

  • 有効1630万画素 APS-C CMOSイメージセンサー
  • ISO51200
  • ファインダー視野率 100% 倍率0.92倍
  • シャッター速度 最高1/6000秒
  • 動画 1920 x 1080 (30,25,24 fps) MPEG-4、H.264
  • 3インチ 92万ドット LCDスクリーン
  • バッテリー lithium-ion r又は単三アルカリ電池☓4本

スペック上のの違いはK500が 連写6.3コマ/秒 K50が 連写5.3コマ/秒となっています。(ちなみに、K-30は約6.0コマ/秒)
また、K-50はK-30同様に、防塵防滴仕様。

付属バッテリーは、K-50にはリチウムイオンバッテリーが付属しますが、K-500には付属しません。

外観に関しては、DK-50が120色カラバリ展開。
K-500がブラック外装ということになりそうです。(確認中)

K-50に対してK-30の方が上位モデルという説明、K-30も引き続き生産されるということですので、ペンタックスはK-30、K-50、K-500と(微妙な違いながら)一気にラインナップを揃えたことになります。

DPewviewも含めて複数のサイトが既にハンズオン記事がアップされています。

Pentax has a long history of creating photographer-friendly digital SLRs at reasonable prices. The most recent example is the K-30, which offered a 16 megapixel CMOS sensor, built-in image stabilization, weather-sealed body, pentaprism viewfinder with 100% coverage, and dual control dials – all for under $799 (with 18-55 WR lens).

Via : First impressions of the Pentax K50 and K500: Digital Photography Review

K-30のアウトレットは、K-50が出る前兆だったのかもしれませんね。
早く国内発表もしてほしいです

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す