スポンサードリンク

LEICA MINI Mのリークイメージは本物であることを確認(mirrorlessrumors)

Pocket
LINEで送る

先日話題になったライカ MINI Mのリークイメージですが、mirrorlessrumorsが信頼出来る情報源に本物であるということを確認したそうです。

Quite many people argued that the Leica Mini M image must be fake because of the 28-70mm FF equivalent marks on the lens while the front of the lens says “18-46mm”.

Via : Trusted sources confirm: The image Mini M image is real. Also Digilux series has that kind of Lens marks! | Mirrorless Rumors

また、そのズームレンズ先端に記載されている、焦点距離は“18-46mm”また、鏡筒には70mmという焦点距離指標があるということから、やはりセンサーはAPS-Cで35mm判換算28mm〜70mmのズームレンズである解説されています。

あとは、価格がどの程度になるのかが注目ですね。

X2の実売20万円の時点で、私アウトなのですが、それより高くなりますよね。。。。でも一応気になります・・・・

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “LEICA MINI Mのリークイメージは本物であることを確認(mirrorlessrumors)

  • 2013年5月31日 at 10:32 PM
    Permalink

    ニッチなカメラではあるとは思うのですがズームレンズで無くて良かったと思うのは私だけなのでしょうか?
    センサーが大きいので手ブレ補正無しの暗いレンズでも良いのか?というのも微妙なところですね。

    単焦点のF2.0とかF2.8とかならMiniでも良かった気がします。
    デザインは良いと思うのでシグマのDPシリーズみたいなバリエーション(単焦点、ズーム、マクロ、コンバージョンレンズ)の展開があると面白いかもですね。

    Reply
    • 2013年6月1日 at 10:05 AM
      Permalink

      “M”を前面に出していましたので、ズームレンズは意外でしたね。
      ライカとしても、AFを持つ最上位機種(しかもパナOEMではない)で、幅広く売るための機種と思われますので、ご指摘のようなバリエーションを拡充するのも十分可能性があるのでは無いでしょうか?

      Reply

コメントを残す