スポンサードリンク

オリンパス“背水の陣”(東洋経済オンライン)

Pocket
LINEで送る

オリンパス笹宏行社長のインタビュー記事が掲載

ただ、もくろみどおりにビジネスを立て直せなければ、オリンパスのデジカメ事業は打つ手がなくなりかねない。まさに“背水の陣”で挑む改革でもある。果たして立て直せるのか。勝算は――。笹宏行社長を直撃した。

Via : オリンパス、“背水の陣”で挑むデジカメ改革 | インタビュー | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

後の課題は、デジカメ事業をどうするかということ

  • 機種を絞り込む方針としては「付加価値がつくかどうか」が基準
  • 先端技術を転用できる高付加価値のコンパクトデジタルカメラは重要
  • 国内、シンガポール、タイなど、ミラーレスの付加価値提案型の地域はうまくいっている
  • コンパクトデジカメでの大量販売型から抜けられなかった欧米では大きな赤字
  • 成功している販売手法をいかに欧米で展開していくことができるかが重要
  • ミラーレスも数量を追わない
  • 国内では利益を約17%も伸ばしている
  • ソニーにはレンズと鏡筒を供給しセンサーを供給してもらう
  • 一眼レフは今後の新製品の計画も考えているし、やめることはない
  • 今の時点で撤退は考えていないが、スマホの影響など進行すれば、その時点で判断しなくてはいけない
  • 先端技術の蓄積ではデジカメは技術開発を牽引するプロダクト

記事のサブジェクトには“背水の陣”という言葉が使われていましたが、結局、今後はソニーとどうやって行くかというのがキモのように感じました。

オリンパスとソニーにハイブリッドマウントのレンズ交換式カメラが出るという噂が流れていますが、更に将来は、αマウント、Eマウント、フォーサーズマウント、マイクロフォーサーズマウントのスーパーハイブリッドにはるかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す