スポンサードリンク

RICOH GR レビュー&サンプルイメージ(ephotozine)

Pocket
LINEで送る

本日発売のRICOH GRですが、予約された皆様はもう受け取られたでしょうか?
私は今日、名古屋方面に来ていまして受け取ることが出来ません(;_;)

なのでephotozineがアップした、RICOH GR Vのレビューと作例を見ています。
ちなみに、日本の皆様は新GRの名称はGR Vでは無いということはご存知だと思いますが・・・・

The Ricoh GR is the latest Ricoh GR digital camera, the 5th version of the compact “street” camera. Designed to fit easily into your pocket, the camera has a fixed focal length equivalent to 28mm, with this latest version featuring a much larger 16 megapixel APS-C sensor, without dramatically increasing the size of the camera.

Via : Ricoh GR V Review

■優れていいるところ

  • 凄くシャープなレンズ
  • 素晴らしい対ノイズ性能
  • 速写性能
  • とてもコンパクト
  • 競合に比べて低価格
  • 3つの機能カスタマイズボタン
  • AdobeDNGでのRAWファイル出力
  • RAW撮影時でも8コマ/秒の性能
  • インターバル撮影機能

■劣っているところ

  • RAWれの連写が4コマしか出来ない
  • 16:9のアスペクト比で撮影出来ない
  • シーンモード、パノラマモードが無い
  • バッテリーライフが短い

ということですが、ある意味唯一の欠点は、バッテリーライフということになるでしょうか。

ちなみに RICOH GRの仕様としては 静止画撮影:約290枚
Leica X2が450枚、富士フイルムX100Sが330枚、COOLPIX Aが230枚、DP1 Merrillが97枚ということですので、他社APS-Cコンパクトとして比較すると、中間的な性能ということで、確かに理想的にはLeica X2並にはなってほしいところではあります。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す