スポンサードリンク

RICOH GRレビューと作例記事(マップカメラKasyapa)

Pocket
LINEで送る

マップカメラの写真ギャラリーサイト、Kaysapaに本日発売のリコーGRの素晴らしい作例とレビュー記事が掲載されています

何とAPS-Cサイズセンサーの搭載と言う。もちろん高画質化に大型センサーは有効だが、あのコンパクトで小気味良い動作感が身上のGRシリーズにそんな大型センサーを使用して大丈夫なのか、一抹の不安があったのも事実である。

Via : マップカメラ | KASYAPA | 125:新しいステージに立つ、新生『RICOH GR』 | Pentax

■描写

  • 脱帽、期待を裏切らない好描写
  • 細密な描写は圧巻
  • 夜景の高輝度な被写体を美しく描いた
  • ミックス光の難しい条件でもホワイトバランスは優秀

■レンズ

  • 後ろボケは素直
  • ワイドコンバージョンレンズはナップなどで重宝する画角、周辺にわたってキッチリと解像

■操作

  • 操作やレスポンスも実に素早
  • 思った瞬間にすぐシャッターが切れる
  • かなりフェザータッチのシャッター
  • 起動タイムラグも短くスナップ派の要求も十分に応えてくれる

■まとめ

  • 持ち運びやすく、使いやすい。更に画質もトップクラス
  • しいステージに立った『GR』

GRD4までの熟成をそのまま進化させた、というGRですが、本日、名古屋の某家電量販店で聞いたところ、予約分は全て完売、6月中旬の入荷ということで、そんな人気の理由の1つとしても、リコーのGRブランドに対する信頼感が築かれているからこそだと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す