スポンサードリンク

リコー GR レビュや作例(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatchに大浦タケシ氏によるRICOH GRのレビュー記事、感度別サンプルイメージ、素晴らしい作例などが掲載されています。

ペンタックスリコーイメージングから「リコーGR」が登場した。従来のGR DIGITALシリーズとの違いは、APS-Cサイズに拡大されたイメージセンサーとそれに伴うレンズ等デバイスの変更だ。これまでにない規模のリニューアルであるため、GRファンのみならずたいへん気になるところである。5月24日の発売に先がけ製品版を借りることができたので、実写を交えた詳細をお伝えしたい。

Via : リコーGR

  • デフォルトアスペクト比は3:2、サブ機として考えた場合に使いやすい
  • 操作感などは拍子抜けするほど変化は少ない
  • サクサクとした撮影が楽しめる
  • バッテリーチャージャーも同梱してほしい
  • 画面周辺部の画像の乱れなど皆無、絞り開放から高い解像感
  • ディストーションは、わずかに陣笠状
  • 周辺減光もよく抑えられている
  • ヌケのよさも含め優れた描写特性を持つレンズ
  • 大柄なワイコンは真面目なつくりで描写もそれに見合ったもの、レンズヘビーになりバランスはよいといえない
  • 親指AFに慣れたデジタル一眼レフユーザーはさぞかし便利
  • プレミアムコンパクトとしての完成度もたいへん高い
  • 大型センサーを搭載するコンパクトデジタルとしてリコーGRこそ真打ちといえる

感度別、エフェクト別、そしてスナップ作例も豊富で、とても参考になる記事ですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す