スポンサードリンク

ニコン超大口径単焦点レンズ「1 NIKKOR 32mm f/1.2」発表!SWMナノクリスタルコート採用

Pocket
LINEで送る

Nikonが開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ「1 NIKKOR 32mm f/1.2」の発売をアナウンスしました

■「1 NIKKOR 32mm f/1.2」の主な特長

  • 35mm判換算で焦点距離86mm相当の画角
  • 「1 NIKKOR」レンズラインナップの中ではもっとも明るい開放F値1.2の
  • 高い解像感と柔らかい自然なボケ味が楽しめます。
  • 「1 NIKKOR」初のナノクリスタルコートを採用
  • 「1 NIKKOR」で超音波モーター(SWM)初搭載
  • 「M/A」(マニュアル優先オートフォーカス)機能を「1 NIKKOR」に初採用
  • レンズ構成 7群9枚(ナノクリスタルコートあり)
  • 最短撮影距離 0.45 m
  • 最大撮影倍率 約0.08倍(35mm判換算 約0.22倍)
  • 絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
  • 寸法 約65.5 mm(最大径)×47 mm
  • 質量 約235 g
  • 金属外観
  • ブラック、シルバーの2色展開

F1.2の大口径ながら、質量(重さ)約235gと軽量なのはNIKON 1シリーズの利点を活かす単焦点レンズですね。

ナノクリ、SWM、を採用しMFにも対応するという上級仕様となっているようですが、それだけに価格も定価10万円オーバーということで1 Nikkor初(^^;の高級レンズということになりますね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す