スポンサードリンク

シグマが“UFO”レンズ「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」を発表

Pocket
LINEで送る

SIGMAが“UFO”(Unbelievable F-stop Object) というティザー行なっていた新レンズですが、なんと、APS-C用でF1.8とう大口径ズームレンズということで“SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM”が正式発表されました。

こちらが正式リリース

製品情報サイトはこちら

F1.8を実現したズームレンズは“世界初”ということです。

APS-C機用の大口径標準ズームレンズ。35mm判換算で27-52.5mm相当(1.5倍換算)の画角となる。ズーム比は約2倍と標準ズームレンズとしては比較的低いが、ズーム全域でF1.8の明るさを実現した。デジタル一眼レフ用交換レンズで全域F1.8のレンズは世界初だとしている。

Via : シグマ、初の全域F1.8標準ズーム「18-35mm F1.8 DC HSM」開発発表

フォーカス/ズーミング時に全長の変化がないインナーフォーカス/インナーズーム方式を採用するほか、前玉が回転しないために円偏光フィルターの使用も容易だ。最短撮影距離は全域28センチ(最大撮影倍率は1:4.3)で、AF駆動には超音波モーター(HSM)を搭載、加えて、AFアルゴリズムの改良によって、よりスムーズなAFを実現した。AFの後にフォーカスリングでピントの微調整も行える。

Via : シグマ、世界初の全域F1.8ズーム「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」 – ITmedia デジカメプラス

AF面では、超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)が搭載されることで、AF速度の高速化と静粛性が実現された。 そのほか、フォーカスやズームにより全長の変化が起こらないインナーフォーカス・インナーズームや、フレアやゴーストの発生を軽減するスーパーマルチレイヤーコートなども採用されている。

Via : シグマ、ズーム全域でF1.8の標準ズーム「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」 | 家電 | マイナビニュース

このレンズがあれば、あえてフルサイズよりAPS-Cセンサーの一眼レフを選ぶ理由が出来るかもしれませんね。

そして、何よりもこのレンズを試して見たいカメラは、SIGMA SD1 Merillだと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す