スポンサードリンク

富士フイルムは「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」正式発表

Pocket
LINEで送る

CP+2013にも参考出品されていた、Xマウントレンズ「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」が正式発表されました。
発売日は5月25日ということです。

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、レンズ交換式プレミアムカメラ「FUJIFILM X-Pro1」と「FUJIFILM X-E1」の交換レンズラインアップとして、「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を平成25年5月25日より発売いたします。

「フジノンXFレンズ」は、最高の画質と操作性を追及した、富士フイルム「Xマウント」用の高品質なオールガラス製レンズです。独自の光学技術を結集し、明るい開放F値と、画面中央から周辺まで高い解像感を実現しています。APS-Cサイズでフルサイズセンサーに匹敵する高い解像感と低ノイズを実現する「X-Trans CMOSセンサー」の性能を最大限引き出せるよう、高度な光学設計が施されています。

Via : 「Xマウント」に待望の高性能望遠ズームレンズが登場!「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

富士フイルムの製品ページには、リンクが出来ていますが、「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」のページは制作中ということです。
サンプルイメージなど確認したいですね。

35mm判換算で84-305mm相当ということで、Xシリーズミラーレスカメラユーザーの方待望の望遠ズームレンズということですが、画質にも徹底的こだわっているということで期待出来そうですね。

既に予約が開始されています。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す