スポンサードリンク

富士フイルムがX-TransセンサーのRAW現像でアドビ社との協力を発表

Pocket
LINEで送る

少し前のLightroom 4.4でFujifilmのX-Transセンサーの現像処理性能が向上するという情報がありましたが、富士フイルムのリリースでAdobe社との協業が正式に発表されました。
本日発売のAdobe Photoshop Lightroom 4.4で、X-Transセンサーの正式サポートが実現されているということです。

本日発表の「Adobe® Photoshop® Lightroom® 4.4」と「Adobe Photoshop Camera Raw 7.4」では「X-Trans CMOSセンサー」搭載機(X-Pro1、X-E1、X100S、X20)のRAW現像処理能力が飛躍的に向上し、モアレや色再現の性能が改善します。

Via : 富士フイルムがXシリーズのRAW現像の品質向上へ向け取り組みアドビ社「Photoshop Lightroom 4.4」などにおいて「X-Trans CMOS」のRAW現像処理性能が向上! : お知らせ | 富士フイルム

AdobeのRAW現像エンジンが富士フイルムのお墨付きを得たというとで、富士フイルムユーザーの方は安心してLightroomやPhotoshopが使えることになりそうですね。
更に富士フイルムXシリーズの魅力とがアップという感じですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す