スポンサードリンク

暗闇で鮮明な動画撮影可能!キヤノンが動画撮影専用フルサイズCMOSセンサーを開発

Pocket
LINEで送る

キヤノンが高感度での動画撮影を可能にするフルサイズイメージセンサーの開発発表と、このセンサーを搭載したカメラによる動画サンプルを公開しています。

キヤノン株式会社(以下、キヤノン)は動画撮影専用の35mmフルサイズ高感度CMOSセンサーを開発し、そのセンサーを搭載したカメラで撮影に成功しました。

Via : キヤノン : ニュースリリース

  • フルHD動画撮影専用の、高感度35mmフルサイズのCMOSセンサー
  • 画素の大きさは一辺19マイクロメートルと、EOS -1D Xなどに使用されているCMOSセンサーに比べて7.5倍以上の面積
  • 画素が大型化すると増える傾向のあるノイズを低減するための新技術を搭載
  • 肉眼では認識が困難な三日月の明かり程度(0.03lux程度)の低照度な環境でも鮮明な動画撮影が可能
  • 天体の動画撮影では8.5等星以上の撮影が可能
  • 線香の光以外には光源のない室内の様子(0.05~0.01lux程度)、ふたご座流星群などでの試験撮影に成功
  • 天体・自然観測や医療研究などでの活用や、監視・防犯機器などへの応用を検討

動画サンプルもアップされています。

解説を読んでいて、面白かったのは「画素が大型化すると増える傾向のあるノイズ」という部分。
これまで、画素ピッチサイズが大きい=低ノイズ、と説明されている場合が多かったと思いますが、そう単純な話しでは無さそうですね。

この新CMOSセンサーで開発された技術が応用されたコンシューマ向けセンサーも登場するのも近いかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す