スポンサードリンク

キヤノン EOS MのAF性能は次期ボディで大幅向上?(canonrumors)

Pocket
LINEで送る

キヤノン EOS MのファームアップでAF性能向上が期待されていましたが、それは次期ボディで実現される見込みのようです

  • インサイダー情報によればEOS Mの新ファームでのAF性能は現状と変わらない
  • AF性能向上にトライしているがソフト側よりハード側に制限がある
  • 次期EOS MボディではAF性能が大幅に向上するるが価格も上昇し700ドル台になる
  • 新STM EF-Mレンズも新ボディと共に発表される
    • 新高倍率ズームキット
    • 望遠ズームレンズキット
  • 大口径単焦点レンズも同時進行中だがより後に発表される
  • 既存EOS Mの売上が思わしく無い最も大きな理由がAF性能に対する報道と考えられる
  • キヤノンはレンズの拡充が必要だと考えている

これまでカメラ系のメディアは、EOS MのAF性能について話題にしていましたが、実際EOS Mの購入者はこのような話題をどう受け止めているのでしょうか?

次期ボディでAF性能だけでは無く、他の性能もアップされることになるのなら、いよいよキヤノンのミラーレスカメラに本腰を入れるタイミングと取って良いのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す