スポンサードリンク

ソニーサイバーショットDSC-RX1レビューと作例(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatch 大浦タケシ氏によるソニーサイバーショットDSC-RX1長期レポート第4回がアップされています。
素晴らしい作例とレビュー記事と、そしてちょっと残念なエピソードも書かれています。。。

  • サクサク撮れて心地よい、ストレスをまったく感じさせない
    • RAWとJPEGの同時記録AEブラケットでの撮影でも、JPEGのみの時と書き込み時間に大きな違いがない
  • フル充電したバッテリーで380カット(2個目は360カット)ほどで最初の電池切れ
    • 意外にもバッテリーの持ちがよいことに安堵
  • 「屋外晴天]モードは屋外の撮影で度々便利に感じられた
    • モードセットするとバッテリーの消耗が早まるように感じる
    • 頻繁に切り替えたいがメニューに入って行なうしか設定の方法が選べないのは面倒
  • 気になったのはグリップの必要性
    • ボディ単体だけだとやはり心細い
    • 純正よりしっかりと握れるグリップが欲しく感じられる
  • 機動性良好で街撮りでは大いに活躍してくれるカメラ

小型化の追求が他社より一歩進んでいるソニーだからこそ、やはりグリップに関しては両立が難しいかもしれません。⇒私のNEX-6の場合

逆に小型であるからこそ好きなグリップを装着出来るとも言えると思いますのでやはりサードパーティからグリップが発売されると良いですね。

サムグリップTGA-1

サムグリップTGA-1
価格:14,945円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “ソニーサイバーショットDSC-RX1レビューと作例(デジカメWatch)

  • 2013年2月14日 at 10:10 AM
    Permalink

    うーん、ソニーのデザインに注文です。もう少し機能性にも配慮したデザインにして欲しいです。デザインは視覚的にはいいですが、結果使いにくい場合も多々あるので。

    自分がソニー製品に二の足を踏む場合は、たいていこのパターンです。

    Reply
    • 2013年2月14日 at 9:07 PM
      Permalink

      完璧なカメラはありませんので、やはり自分に合うカメラを探し出すか、既存のカメラに慣れるかですかね。。。。

      Reply

コメントを残す