スポンサードリンク

シグマ「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM」ART発表

Pocket
LINEで送る

シグマはAPS-Cセンサー一眼レフカメラ用の標準単焦点大口径レンズARTシリーズとして「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM」を発表しました。

シグマの新戦略ARTシリーズが充実して来ましたね。

APS-C サイズデジタル一眼レフカメラで作品撮りを行うためのはじめの一本として、35mm判換算で45mm相当の画角を持つ大口径標準レンズ「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM」は最適な選択です。
開放F 値1.4の明るさと人間の視覚に近い画角は、撮影者の多彩な表現を可能にします。 SIGMA 30mm F1.4 DC HSMは、最新の設計と製造技術を投入し、Art ラインにふさわしい最高レベルの描写性能を実現させたデジタル専用大口径標準レンズです。浅い被写界深度による大きなボケ味を生かした、スナップ、ポートレート、風景など、幅広い分野で撮影が楽しめます。

Via : APS-Cサイズデジタル一眼レフカメラ専用大口径標準レンズSIGMA 30mm F1.4 DC HSM発表|株式会社シグマ

  • レンズ構成 8群9枚
  • 最小絞り F16
  • フィルターサイズ φ62㎜
  • 最短撮影距離 30cm
  • 最大径 × 全長 φ74.2㎜ × 63.3㎜
  • 絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
  • 最大倍率 1:6.8
  • 質量 435g

対応マウントは、シグマSA、キヤノンEF,ニコンFということです。

現在発売されている30mm F1.4 EX DC HSMは開放で柔らかい描写が特徴ということでしたが、最近のシグマレンズは開放からシャープなレンズが多いので、この新レンズもそういう味付けかもしれません。

シグマ SD1 Merrillをこれから導入される方にとっては、かなり気になるレンズになる筈です。

更に、既にシグマFOVEONセンサーのカメラをお持ちの方は、SD1 Merrillをご購入される方は5万円ものキャッシュバックが受けられるようですので、このレンズにそれを投資されるのも良いかもしれませんねー

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す