スポンサードリンク

ニコン「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」を発表

Pocket
LINEで送る

ニコンがFXフォーマット対応の超広角ズームレンズ「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」を発表しました。

「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」は、画角100°の超広角から63°の広角域をカバーする焦点距離18-35mmのズームレンズで、スナップや風景写真などの撮影に適しています。EDレンズ2枚と非球面レンズ3枚を使い、優れた光学性能を有した高性能レンズでありながらも、質量は約385gと軽量かつコンパクトさを実現しています。また、静粛なAF撮影ができる超音波モーター(SWM=Silent Wave Motor)、「M/A」(マニュアル優先オートフォーカス)と「M」(マニュアルフォーカス)の2つのフォーカスモードを搭載。「D600」をはじめとする高画素デジタル一眼レフカメラの特性を最大限に引き出す、高い描写力を発揮します。さらに、「D600」との組み合わせにより、軽量コンパクトなFXフォーマットのシステムが実現します。

ニコンでは、2012年にFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラを4機種発売し、特に「D800/D800E」や「D600」など高画素機のラインナップを強化しています。それにあわせ、カメラボディーの特性を最大限に引き出すNIKKORレンズのラインナップの拡充も進めています。 高画素デジタル一眼レフカメラの画質性能を十分に発揮させるには、その高い解像力に見合った高性能なレンズが必要です。画素数の高い撮像センサーを搭載したカメラでも、解像力の低いレンズでは高画質は望めません。つまり、高性能レンズがデジタル一眼レフカメラの画質性能を引きだすといえるのです。 今後も、ニコンが長年に渡って培ってきた光学技術をベースに、高性能・高機能な製品を積極的に開発、市場投入することで、より高度な撮影や高い表現力を望むプロフェッショナルやハイアマチュアユーザーの期待に応えていきます。

Via : Nikon | ニュース | 報道資料:ニコンFXフォーマット対応、焦点距離18-35mm、小型・軽量の超広角ズームレンズ「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」を発売

  • 焦点距離 18-35mm
  • 開放絞り f/3.5-4.5
  • 最小絞り f/22-29
  • レンズ構成 8群12枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚)
  • 超音波モーター
  • 最短撮影距離 0.28m(ズーム全域)
  • 最大撮影倍率 1/5倍
  • 絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
  • フィルタサイズ 77mm
  • サイズ 約83mm(最大径)×95mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
  • 質量 約385g
  • 2013年3月発売予定
  • 希望小売価格: ¥99,750

軽量かつ、FXレンズとしてはお買い得感がある価格設定の広角ズームレンズということで、機動性を重視するフルサイズユーザーの方特にD600ユーザーの方にとっては嬉しいズームレンズですね。

製品ページにはMTF曲線やサンプルイメージもアップされています。

レンズソフトケース CL-N101

レンズソフトケース CL-N101
価格:1,890円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す