スポンサードリンク

ソニー RX1 .v.s. 富士フイルムX-E1(stevehuffphoto)

Pocket
LINEで送る

米国の写真家Steve Huff氏が、Sony Cyber-Shot DSX-RX1とFujifilm X-E1の比較記事をアップしています。

I have had a Fuji X-E1 on hand for a few weeks and have been shooting it with the SLR Magic 35 T 1.4 lens (which I like more than the Fuji 35)  as well as the Fuji 35 1.4 lens. Of course, my own camera, the Sony RX1 has been with me as well for most of this time and over the past few days I decided to take a few shots side by side. Nothing super scientific. Just snaps like most of us use these cameras for. If I shot the X-E1 at f/2, ISO 200 then the RX1 would be set the same way.

Via : Quick Comparison: Sony RX1 vs Fuji X-E1 – IQ, AF Speed and ISO | STEVE HUFF PHOTOS

X-E1の方はフジノンXFレンズ35mm XF35mmF1.4Rを装着。
RX-1のツァイスレンズは35mmですので、ある意味(クロップすれば)それぞれの実力が比較出来ることになりますね。

YouTubeにテストレポートがアップされています。

RX1とファームアップ後のX-E1と速度はほぼ同じような速度。

  • ボディはRX1の方がやや薄く、小さい。GARIZのケース込みでほぼ同じくらい。
  • 画像処理について、低照度ではRX1の方がシャープかつリッチで高感度でノイズ処理よりディテールを残す傾向でライカの処理に似ている、X-E1も高感度は素晴らしいがRX1と比較すると感度が高くなるにつれややフラットになる傾向がある。
  • RX1はレストランやクラブなどでの撮影では低照度モンスター言って良いくらい素晴らしい。
  • RX1のセンサーはD800やD4と比較しても最高のフルサイズセンサーと言える。
  • 明るい場所ではX-E1もほぼ同じくらい良いが、やや、露出オーバー気味、RX1の露出の方が好み。
  • X-E1はEVF内蔵に対して、RX1は外付けとなる。ソニーのEVFは現時点最高のテクノロジーを有しており、更に外付けによって、様々なアングルでの使い方が可能である。
  • 造りの良さもについてもRX1の方が良くダイアルもソリッドな操作感、X-E1は凝縮感が軽く、ダイアルなどもプラスチッキー。
  • 総合的な画質についてもやはふりフルサイズセンサーのRX1の方がスムース、シャープ、リッチでダイナミックであり、まるでライカのような写真になる、対するX-E1の方が少しフラットな画像処理だが色再現性に優れいている、RX1の方を選択したい。

テストの前半、画質についてはRX1の方がリッチでシャープという結果が得られたようですが、その後、近接撮影でX-E1のAFでピントが合わないことがに気づかられようです。
その他のシーンもMFで撮り直しするとよりシャープに撮れる場合があるようで、AF精度がちょっと不安なようですね。

また、X-E1のX-TransセンサーとAdobe Photoshop Lightroomの相性が悪いことにも気が付き(これは他でも同様の報告がようです)、結果JPEGでの比較に切り替えられたということです。

RX1はフルサイズで最高レベルの画質、X-E1はAPC-Sで最高レベルの写真が得られるカメラのようですね。

いずれにせよ、コンパクトデジタルカメラと、ミラーレスカメラで最高の画質が得られるということは興味深いですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す