スポンサードリンク

ソニーが視線入力AF“Eye controlled Focus System”を搭載したカメラを2014に向けて準備中?(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る

sonyalpharumorsは2014年に3層センサーを採用したフルサイズミラーレスカメラを発表すると予測していますが、もう1つのキーテクノロジーとしてソニーが視線入力AFシステムを開発しているという情報があるようです。

Yesterday I told you about the new three layer technology that will may appear in 2014. And so will the new Full Frame Mirrorless. The next key tech that may appear in this crucial year is Eye Tracking AF:

Via : Sony Eye tracking AF coming in 2014? | sonyalpharumors

  • ソニーは2014年に登場するフラッグシップ機に “Eye controlled Focus System”の搭載を検討している。
  • これはビューファインダー内に何らかの赤外線センサーを設置し、眼球の移動を感知する機能
  • この機能の利点は、AFポイントの素早い変更が可能になること
  • 課題は、使用する人の目に対して正しく動作するようにキャリブレーションを設定しなければならないこと
  • また、ビューファインダーだけで作動し、背面液晶のライブビューでは動作しないこと
  • この機能は3名分の眼球のキャリブレーション情報を記憶し、その情報からON/OFFが可能になる
  • この機能が最終的に製品として採用されるかは不明で2013年中の開発に掛かっている
  • テストされることは事実だろうが、ミッドレンジ製品に採用されるには高価になることが予測される

ということですが、視線入力AFといえば90年代のキヤノン一眼レフカメラEOS 5 QDに搭載され話題になったようですが、ソニーはそのお株を奪うことになるのでしょうか?

ソニーα透過ミラー機でもキヤノンのEOS RTなどなどのペリクルミラー機のお株を奪っていますので、またまたソニーが次に視線入力AFを再現するという流れもアリかもしれません。

あるいは、次世代の各社一眼レフカメラには、視線入力が搭載されることになるのでしょうか?(ミラーレスに負けない為にも)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す