スポンサードリンク

まだ続く「オリンパスの巨額損失隠し事件」

Pocket
LINEで送る

ロサンゼルスでFBIが不正に感yしたシンガポール金融関係者を逮捕したということです。

The Federal Bureau of Investigation said Mr. Chan, 50, was a citizen of Taiwan living in Singapore. He was charged with conspiracy to commit wire fraud, with a maximum potential penalty of 20 years in prison. His lawyer was not disclosed.

Via : U.S. Makes Arrest in Olympus Accounting Scandal – NYTimes.com

【ニューヨーク、シンガポール=共同】米司法当局は20日、オリンパスの巨額損失隠し事件に関与したとしてシンガポールの金融関係者を米ロサンゼルスで逮捕したと発表した。同事件に絡んで海外で逮捕者が出るのは初めて。

Via : シンガポールの金融関係者逮捕 オリンパス粉飾に関与容疑  :日本経済新聞

検察当局によると、チャン容疑者は複数の金融機関でバイスプレジデントとして働いていた2004~10年にオリンパスの粉飾にかかわったとされる。

Via : オリンパス粉飾事件 シンガポール元行員を逮捕 不正会計に関与 – SankeiBiz(サンケイビズ)

米連邦捜査局(FBI)は、少なくとも2004年から10年にかけて、容疑者がオリンパス幹部の指示を受け、融資の返済などに使った数億ドル相当のオリンパスの投資がまだ存在するように見せ掛け、監査法人を欺いたとしている。

Via : シンガポールの男逮捕 オリンパス事件に関与 – MSN産経ニュース

また、オリンパスのニュースといてはソニーとの新会社設立が少し延期ということ。

ソニーとオリンパスは21日、年内を目指していた医療事業の合弁会社設立について、2013年1月以降にずれ込むとの見通しを発表した。中国当局による競争法(独占禁止法)の審査が当初予定より時間がかかっているためとみられる。新会社の設立は、同年4月1日までに実現する見通し。

Via : ソニーとオリンパス新会社、1月以降にずれ込む見通し – SankeiBiz(サンケイビズ)

粉飾スキャンダルとは関係無いようですが。

、一部の国で審査に時間がかかっているため。新会社は13年4月1日までに設立する見込みという。両社は9月28日、外科用内視鏡分野などでの協業を目指し、新会社を12月末までに設立すると発表していた。

Via : ソニーとオリンパス、共同出資会社設立は1月以降 審査に遅れ  :日本経済新聞

またオリンパスは、200億円弱を投資して内視鏡のシェアを更にテコ入れするというニュースも発表されました。

オリンパスは21日、福島県と青森県の3工場で消化器内視鏡の生産能力を3割増やすと発表した。投資額は合計約197億円。消化器内視鏡は同社の売上高の約4分の1を占める主力事業で、世界シェアの7割を握る。日米欧などの先進国に加え、中国など新興国でも需要が拡大していることに対応。国内生産拠点の増強で、さらに優位に立つ狙いだ。

Via : 内視鏡の生産能力3割増 オリンパス、200億円投資  :日本経済新聞

カメラの方は2013年にはE-5の後継機となる、フォーサーズレンズに対応する新カメラが出るということですので、粉飾決算スキャンダルの影響から完全に脱して、ソニーとの強力な関係で回復して欲しいですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す