スポンサードリンク

Nikon 1 V2はローパスレス(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatchにNikon 1 V2の開発者&マーケッティング担当者へのインタビュー記事が掲載されています

話をうかがったのは、株式会社ニコン 第一マーケティング部 第三マーケティング課 井上雅彦氏、第一開発部 第二開発課 高橋秋彦氏、第一開発部 第四開発課 竹村朗氏。

Via : Nikon 1 V2に光学ローパスフィルターはあるのか?

■CXフォーマットのコンセプトについて

  • 新しい価値の提供
  • 「きれい」「はやい」「使いやすい」をバランス良くまとめた
  • 「撮り逃しがない」もコンセプトのひとつ
  • レンズを含めたシステムでのコンパクトさが優位性

■V2についてのコンセプトについて

  • グリップ、ストロボ、コマンドダイアルなどハイアマチュアのお客様からの要望を取り入れている
  • 一眼レフカメラに近いスタイリングは狙ってやったわけでは無い

■V2のセンサーについて

  • 約1,010万から1,425万に画素にし高解像、解像感を上げることが狙い
  • 高感度画質が悪くなるのは抑えている
  • 画像処理エンジンの方でがんばった

■ローパスレスについて

  • V2は光学ローパスフィルターは無い
  • V1、J1、J2のセンサーには光学ローパスフィルターがついている
  • V2は解像感を出したかった
  • モアレは出るが、実用上問題ない範囲
  • モアレ除去などの特別な処理はしていないが、偽色を抑える画像処理の効果が大きい
  • 光学ローパスフィルターありなしの比較実写では、モアレの見えに大差無かった
  • 像面位相差AFの性能には特に関係無い

■像面位相差AFについて

  • 位相差画素のある場所は上手い具合に処理して画質の劣化がないようにしている
  • 単に補間して埋めているだけではない
  • コントラストAFを使用せず最後まで位相差AFで合わせることができる
  • 室内程度の明るさ、または屋外では夕方なら位相差AFが働く

なんだか最近、ローパスレス=偉い! という感じになっていますが、今回はV2のローパスレスをわざわざインタビュー形式で明らかにしているのが面白いと思いました。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す