スポンサードリンク

ソニー NEX-6 レビュー&作例記事(PHOTO YODOBASHI )

Pocket
LINEで送る

ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン PHOTO YODOBASHI にSONY NEX-6のレビューと素晴らしい作例が掲載されています。

■操作系・使い勝手

  • SONYがユーザの声をきちんと受け止めて製品を生み出していることの現れ
  • モードダイヤルは旧来のカメラ的コンセンサスに乗っ取ったスタイル、使ってみると「手ごたえ」の大切さを実感
  • しっかりカメラを使ってきたユーザにも受け入れらるボディ
  • インターフェイスは純粋に写真撮影時の利便性を追求したもの
  • コンパクトなボディに高画質を詰め込むという基本コンセプトにブレはない
  • “PlayMemoreis Camera Apps” は新しい機能を本体にインストールしながら長く使っていく、そういう未来が描けるのかもしれない

■画質

  • 1610万画素の”Exmor”センサーは高感度でも一層良くなってきたという印象

■「ファストハイブリッドAF」

  • 「高速になる」というよりも「迷いにくくなる」AF
  • 撮影者のストレスを軽減してくれる、着実な進化

■EVF

  • ファインダーを覗いて見る世界と背面液晶で見る世界は、やはり違う
  • カメラと身体は一体感を増して、より一層撮影に没入できる
  • (背面液晶と)両方の選択肢があるということが嬉しい
  • 眩しい逆光のシーンではEVFの恩恵を感じられるはず

■まとめ

  • 高画素を求めるならNEX-7だが基本性能においてNEX-6は十分な高性能
  • 後発ゆえの細かな改善がしっかり図られている
  • 写真好きの方が一歩踏み込んで、自分らしく撮りたいとするならば、NEX-6のインターフェイスはしっかりそれに応えてくれる
  • Eマウントは撮り手のスタイルに応じたボディがチョイスできる
  • フットワークの軽さがSONYらしく、また既成の概念に囚われないNEXシリーズの強み

NEX-6の中身と外観はNEX-5RとNEX-7のハイブリッド的な構成ですが、透過ミラー機を含めて、効率的なバリエーション展開は流石ソニーだと思わせるとこだと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す