スポンサードリンク

キヤノン EOS 6D ファースト・インプレッション(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメWatchに11月30日発売のキヤノンEOS 6Dのファーストインプレッション記事が掲載されています。

  • 軽く小さい点を確かに実感できる
  • グリップの握り、堅牢性は60Dより、6Dのほうがガッチリとした印象
  • 操作系はEOS 60Dに近く、EOS 5D Mark IIIに比べるとよりシンプルに
  • ファインダー視野率97%は厳密な撮影目的でもなければ特にこだわる程の差ではない
  • ファインダースクリーンは新開発のEg-A IIでEOS 5D MarkIIのEg-Aより明るくピントの山がつかみやすい
  • 光学ファインダーは、フルサイズの広い視野も隅々まで明るく見渡せる
  • AFの中央を1点強化したのは大いに歓迎
  • 合焦精度の高さには安心感
  • シャッター音は極めて静か。歯切れもよく、小気味よさを失わない、フルサイズ機のとは思えない程
  • 画作りの傾向は上位機種のEOS 5D Mark IIIと似ているて、高感度特性やダイナミックレンジはほぼ同等
  • “小さく気軽なフルサイズ一眼レフ”という新コンセプトが明確なカメラ
  • フルサイズ機がぐっとが身近になり、持ち出す機会が増えるのは間違いない

作例も掲載されています。

私も1週間少しEOS 6Dを借りていましたが⇒こちら
EOS 6Dは欠点も少なく、フルサイズを意識させない安心して使えるカメラだと思いました。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す