スポンサードリンク

キヤノン「EF24-70mm F4L IS USM」及び「EF35mm F2 IS USM」正式発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノン2本の新EFレンズを公式リリースしました。

新製品“EF24-70mm F4L IS USM”は、高性能と小型軽量を両立した開放絞り値F4のL(Luxury)レンズシリーズのラインアップを強化するために開発したレンズです。マクロ撮影を可能にしながらコンパクトに設計したことで、特に35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載し小型軽量に仕上げた「EOS 6D」(2012年12月上旬発売予定)と組み合せれば、より手軽に高画質な撮影が行えます。(「EOS 6D」と“EF24-70mm F4L IS USM”を組み合わせた「EOS 6D(WG)・EF24-70L IS USMレンズキット」も12月中旬より発売します。)

Via : キヤノン:ニュースリリース

■EF24-70mm F4L IS USM

  • 広角から標準・中望遠の撮影領域に加え、マクロ領域までを一本で表現
  • 望遠端側での切り替え操作でマクロ撮影を可能
  • ハイブリッドISを搭載
  • 最短撮影距離0.2m
  • 最大撮影倍率0.7倍
  • 非球面レンズ2枚、UDレンズ2枚
  • 全長93mm
  • 質量約600g

の製品ページはこちら

■EF35mm F2 IS USM

  • 手ブレ補正機構を搭載
  • シャッタースピード換算で約4段分の補正効果
  • リングUSM駆動
  • 高速CPUの搭載
  • フルタイムマニュアルフォーカス機構を搭載

製品ページはこちら

この2本のレンズは特に、EOS 6Dの導入を検討されている方にとっては最新設計の2本として非常に気になる存在なのではないでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す