スポンサードリンク

ツァイスが富士フイルム XマウントとソニーEマウントのAFレンズ開発を表明

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッセルブラッドのサプライズに続いて、ツァイスもサプライズを準備していました。
NEX用AFレンズのバリエーション拡大、そして、富士フイルムX-Pro1やX-E1のXマウントまでサポートするようです!

With a bang, Carl Zeiss is introducing a new family of autofocus lenses for mirrorless system cameras at photokina 2012. Dr. Michael Pollmann, Consumer Lenses Product and Program Manager in the Carl Zeiss Camera Lenses Division, is addressing frequently asked questions in a Q&A.

Via : New Family of Lenses for Mirrorless System Cameras | Camera Lens Blog

Q&Aインタビューでは

  • ミラーレス市場がより高品質のレンズを要求しているので参入する
  • まずAPS-Cセンサーサイズがターゲット
  • 12mm F2.8、 32mm F1.8 、50mm F2.8 macro を開発中
  • まず単焦点レンズで参入、ズームレンズも検討している
  • ソニーEマウントと富士フイルムXマウントをサポートする
  • ミラーレスカメラは軽量なレンズが必要、高品質を維持したたまま金属意外の素材も採用する可能性がある(ツァイスのプラレンズが出るのかぁ。。。;;;^^))
  • 価格は1000ユーロあたり
  • 日本で生産
  • マイクロフォーサーズのレンズも作れなくは無いが、センサーサイズが大きい方が画質に有利。よって現時点ではサポートしないことを決心した
  • 光学式手ブレ補正は無い。ミラーレスカメラが得意とする広角系では必須で無い。手ぶれ補正レンズユニットは画質に悪影響を及ぼす

とうとうツァイスもミラーレスカメラ市場に本腰を入れて来るようですね!

ついでにキヤノンのEF-Mマウントもサポートしてくれないかなぁ;;;^^)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “ツァイスが富士フイルム XマウントとソニーEマウントのAFレンズ開発を表明

  • 2012年9月19日 at 11:22 AM
    Permalink

    ハッセルブラッドの話題と水面下でつながっているんでしょうね--。ソニーの中判デジカメがあるとすれば、両社と提携する可能性大だと見ます。

    Reply
    • 2012年9月20日 at 3:07 PM
      Permalink

      今年のフォトキナはフルサイズの年と言って良いかもしれませんが、次回は中判がトレンドに・・・・なっているかな?(^^;

      Reply

コメントを残す