スポンサードリンク

ライカ M MONOCHROM レビューと作例記事M9-Pとの比較も(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月25日の発売が決定した、ライカのフルサイズレンジファインダーモノクロ専用カメラ、Leica M Monochrom のデジカメWatch 藤井智弘氏のレビュー記事がップされています

■外観、デザイン

  • M9、M9-Pのブラックは、ブラックペイントなのに対し、Mモノクロームはブラッククロームメッキ
  • シボ革はM9ブラックとM9-Pがヴァルカナイトなのに対し、Mモノクロームはソフトな感触の素材
  • どこにも「Leica」のロゴがない。無記名の真っ黒いカメラ
  • ライカを持っている、あるいはカメラを持っている、ということを周囲に目立たせない仕上がり
  • 極めてステルス性の高いカメラといえる。

■使い勝手

  • 撮影している感覚は、ライカM9と大差ない
  • フィルムのM型ライカにISO400のモノクロフィルムを入れて撮影している感覚に近い
  • 液晶モニターが2.5型の23万ドットだが特に不満と感じることはなかった
  • サファイアガラスなので、キズがつく心配が少ないのがありがたい

■画質

  • 鮮鋭度の高さにお世辞抜きで驚いた
  • 解像感はM9/M9-Pを上回っている。
  • 被写体の質感再現の高さは、1,800万画素以上を感じさせる
  • ISO1600でも常用でき、ISO3200や6400でも実用
  • ISO800を過ぎたあたりからノイズは出てくるが、高感度として違和感のない仕上がりで、フィルムの粒子にもどことなく似た印象
  • MモノクロームのJPEGはとても実用性が高い
  • ハイライトからシャドーまでのトーン再現も良好
  • 適度なコントラスト
  • RAWはややメリハリに欠ける

■まとめ

  • 35mmフルサイズ機の中では個性派ナンバーワン
  • 一度使うと病みつきになるほどの魅力(もしくは魔力)を持っているカメラ
  • ベース感度がISO320と高い点が気になる、、NDフィルターが欲しくなる

■ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.

  • フードの長さは物足りない
  • コンパクトでM MONOCROMによく似合う
  • 描写性能は、絞りを開けても絞っても画面隅々まで安定
  • ボケは柔らかく、被写体の形を崩さない
  • さすが値段だけのことはある写り
  • ライカMモノクロームの高解像力を存分に引き出せるレンズ
  • 「究極の50mm」

■ライカM9-Pとの比較

  • Mモノクロームの方がさらに鮮鋭度が高い

やはり、モノクロ専用センサーは素晴らしい描写が得られるようですね。

ライカ意外でも同様のコンセプトのカメラが現れてほしいです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す